総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託を購入するためには

投資信託 資産運用
投資信託を購入するためには
投資信託を購入するためにはいくつか条件がありますのでまとめてみたいと思います。

投資信託は投資会社や証券会社、保険会社、銀行などの金融機関で購入することが可能ですが、購入するためには購入する会社の口座を開設する必要があります。

口座開設の仕方は銀行に口座を作るのと同じ要領で、直接店頭にて開設をするか、インターネットなどから申し込みをして郵送という形で口座開設をするかになります。店頭で直接口座開設する場合には、当日口座を開設することができますが、郵送で行う場合は1?2週間ほど期間がかかります。

口座を開設できたら、後は口座にお金を振り込んでおけばいつでも投資信託などを購入することが可能になります。

以上は店頭がある場合の口座開設の仕方でしたが、この他に店頭が存在しないインターネット証券会社の口座開設があります。
この場合の口座開設の流れは以下の通りとなります。
・まずはインターネット上か電話にて口座開設のための申込用紙を請求します。
・申込用紙が届いたら内容を確認して、記入し本人確認などの書類を同封の上返送します。
・あとは通常の流れと同様になり、開設に1?2週間ほどかかりますが開設したらインターネットなどから口座に入金した上で投資信託などを購入することが可能になります。

投資信託を購入する方法は店頭や電話、インターネットなどがありますが、販売している会社によって色々ありますので各会社に問い合わせるようにしてみてください。
また、投資信託を購入する際には、購入手数料がかかりますのでその点も頭に入れておいてください。




1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 13:32 | Comment(0) | 投資信託を購入するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の活用

投資信託 資産運用
投資信託の活用

投資信託には、投資する対象となるもの、そのファンドの投信方針、ファンド毎に設定されるリスクなどタイプが色々あることが分かっています。
その様々あるタイプのファンドの中から自分が購入したいものを選択して購入するということはとても難しいことだと思います。
また、購入したら購入しっぱなしという事ではなくポートフォリオのチェック、運用状況のチェックなどしっかり自己管理をしておく必要があるのです。
ここで、購入前後のチェックやリスクの分散法などどうやったらいいのか考えてみたいと思います。
まず投資信託を購入する前の確認事項についてですが、どういう目的を持って投資をしようとしているのか明確な目的を持つようにすることが大切です。
また、その目的に合うような投資期間設定されている物なのかきちんとチェックしておくようにしてください。
そのほかには、投資信託を購入した場合、収益が出た場合はどの位の利益が出たら終わりにするのか、どの位の損失がでたら終わりにするのかきちんと決めておくことも大切です。

次に購入後に関する確認事項ですが、運用している収益は投資しているファンド全体においてきちんと管理できているかどうか把握します。
基準価額の動向がどうなっているのか確認をする。
投資信託をする場合には、リスクについてもきちんと把握しておく必要があります。
投資信託は中期?長期に渡って運用することでリスクを分散することが可能です。焦らずに長い目で見るようにしましょう。
また、毎月一定額の投資をすることで買い付け額を平均的にすることができます。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 14:03 | Comment(0) | 投資信託の活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追加型株式投資信託の分類

投資信託 資産運用
追加型株式投資信託の分類

追加型株式投資信託と言うのはファンドがたくさんもうけられていて、利用するニーズに合わせて設定されているようです。その利点としては選択肢が多いことだと思うのですが、欠点は選択肢が多すぎて何を選んだらいいか分からなくなるということかもしれません。
良くも悪くもファンドの多さというのがあるみたいです。

ファンドのタイプ別の分類を参考にしてみれば、選ぶ際にどういうものを選べばいいのかの示唆になると思いますので、参考にしてみてください。
投資信託の分類090108gif
投資信託の分類方法は各機関によって定義が違うらしいので、下記の機関の分類方法を説明してみたいと思います。

【投資信託協会】
・国内の株式を中心に投資するファンドで「国内株式型」と分類されます。

・海外の株式を中心に投資するファンドで「国際株式型」と分類されます。

・債権、株式をバランスよく投資するか、債権中心に投資するファンドを「バランス型」と分類されます。

・転換社債を中心として投資するファンドを「転換社債型」と分類されます。

・インデックスという指数と連動して運用しているファンドを「インデックス型」と分類しています。

・上記のインデックス型に、食品・工業など職種別のファンドに分けているものを「業種別インデックス型」と分類しています。

などのように分類されます。また、R&I(格付投資情報センター)の機関の分類法など、追加型株式投資信託の分類の方法はありますのでぜひ調べてみてはいかがでしょうか。




posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 08:59 | Comment(0) | 追加型株式投資信託の分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。