総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

不動産購入の手順

投資信託 資産運用 不動産投資
不動産購入の手順

現物の不動産投資のために購入しようとする不動産の調査や選定を行った後、いよいよ不動産の購入手続きとなります。
一般的に不動産売買には、買主・売主それぞれに一社ずつ不動産会社がつきます。
不動産購入の手続きは次のような流れとなります。
1.購入申込み
売主に対して書面で不動産の購入申込みを行います。
2.重要事項説明
宅地建物取引業法で、売買契約前に宅地建物取引主任者が、購入物件に関する重要事項についての説明を買主に行わなければならない、と決められています。
重要事項説明を受けた後は、説明を受け内容を確認したという買主の確認印が必要となります。
重要事項説明は登記や法規制など細部に渡る説明なので、できれば契約日当日の説明ではなく、契約日より前に重要事項説明を受け、納得した上での契約が望ましいです。
3.契約、ローン申込み
売買契約書を作成して手付金を売主に渡します。
売買契約書は、売買される不動産についての書面を売主・買主ともに記名・押印します。
契約書には、当事者の住所・氏名、代金の支払い方法や時期、建物の引渡し時期など絶対的記載事項と、天災などによる不可抗力の場合に関することなど任意的な記載事項があります。
4.貸付承認、ローン契約
5.残金の支払、物件引渡し
手付金を除く残金を売主に支払い、物件が買主に引き渡されます。
6.登記
物件の所有権の移転登記を行い、購入が完了します。
この手続きが終了すれば、いよいよ不動産投資として不動産の運用が始まります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 13:14 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油

投資信託 資産運用 商品先物取引
原油

商品先物取引が大きな注目を集めている要因は、原油に代表されるエネルギーを取り扱っているからではないでしょうか。
というのも、近年世界の到る所でエネルギー問題が浮上しています。
日本でも2008年、ガソリン価格の高騰が大きな社会問題となりました。
それ以外にも、エコに対する取り組みなどが行われ、非常に高い関心を生んでいます。
よって、それらを取引の商品としている商品先物取引に、注目が集まっているのでしょう。
商品先物取引における原油は、金やガソリンと並び、中心的な存在と言えます。
何より世界各地で需要が高い為、多くの価格変動要因が存在しています。
まずは石油消費大国であるアメリカ、使用率が急激に伸びている中国の動向はかなり価格に影響を与えます。
基本的には世界情勢と比例する動きを見せますが、特にアメリカの影響は強く、リーマンショックによって大きな下落を見せました。
供給は当然ですが、石油輸出国機構(OPEC)が中心です。
この辺りの国が、近年非常に景気が良いですが、それに比例して原油の価値も上昇していました。
リーマンショックによって大きく落としましたが、今後は再び持ち直す可能性が高い商品と言えるでしょう。
エネルギーの世代交代が叫ばれる中、それでも原油の需要が途切れる事はありません。
日本ではほぼ全てを輸入に頼っている状況なので、日本国内の景気にはあまり影響されない商品と言えます。
そういう意味では、買いやすい商品かもしれません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 リーマンショックFX取引 用語 アメリカドルFX取引 用語 ニュージーランドドル

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 16:54 | Comment(0) | 金融 証券 投資関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレンド

投資信託 資産運用 FX取引
トレンド

FX取引に限った事ではありませんが、金融取引の場合、その取引のチャートの流れの事をよくトレンドと言います。トレンドというと、普通の言葉だと流行を意味しますよね。
その流行、すなわち流れという意味から、FX取引をはじめとした様々な金融取引の用語で、トレンドは市場の流れ、その為替や銘柄の流れの事を指す言葉として使われます。
トレンドは、上昇トレンド(アップトレンド)下降トレンド(ダウントレンド)といった使い方をされるのが一般的です。
どちらもFX取引ですが、上昇トレンドの場合は市場や特定の為替などが好調であることを意味し、下降トレンドはその逆を意味します。このトレンドを読みきる事が、FXで儲ける最大のコツです。
不況時、このトレンドはほぼ常に下降状態となります。その中で、たまに何らかの機会に大きく上昇し、また下降、という感じです。
下降トレンドの状態が長く、その合間に短期の上昇というパターンが最も多いでしょう。
その状況でしっかりトレンドの変遷を読むというのは、容易ではありません。
ただ、FXにおけるトレンドは、株などと比べればやや読みやすい傾向にあります。
特に不況時はそうです。
その理由としては、FX市場は比較的経済のニュースなどに忠実な動きをするからです。
ただ、全く素直というわけではなく、反発もし易い傾向にあります。
つまり、何か大きな出来事があれば、確実にリアクションが起きる市場といえます。
株のように、一人、あるいは複数の仕手によって、全く脈絡なく上下動する事はまずありえません。
ですから、ある程度世の中の動きを把握していれば、大怪我はしないようにはなっています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 09:09 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IFO注文

投資信託 資産運用 FX取引
IFO注文

FX取引の中には様々な注文がありますが、その中の一つにIFO注文も含まれています。
このIFO注文は、FX取引の中にある注文の中でも特に使い勝手が難しい部類といわれています
ただ、その分使いこなせればとても大きな武器となるでしょう。
IFO注文とは、「If Done One Cancels The Order」の略です。
これを見ると何となくピンと来るかもしれません。
このIFO注文は、他のFX用語でもある「IFD注文」「OCO」注文の複合なのです。
IFD注文は主に買い注文の際に使われ、OCO注文は売り注文で使われるので、複合が可能なのですね。
では、使い方の簡単な例をここで紹介します。現在の為替市場が1ドル=98円としましょう。
更に、現在の市場の動向を見る限り、1ドル=97円50銭〜98円20銭までの範囲で値動きしている、と分析できたとします。
その場合、例えばIFD注文で97円60銭を買い注文、そして98円10銭で売り注文を出せば、利益を得る可能性が高いと言えます。
ただ、必ずしも理想の結果になるとは限りません。
その後急激に円高が進み、1ドル=97円くらいまで一気に下がる可能性だってあります。そうなると、大きな損をしてしまいますよね。
かといって、ロスカット売り注文を出して収益の機会を失う可能性も否定できません。
そこで、IFO注文が有効なのです。
IFDでは一つしか出せない売り注文を、二通り出せるのです。
この場合は1ドル=97円60銭で買い注文を出し、もしこれが成立したら、98円10銭、もしくは97円20銭で売る、といった感じの注文になるでしょう。
これで、損切り利食いも可能になります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 口座資金をどう使うか 株式投資 分散投資が有効株式投資 思わぬ落とし穴に注意


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 14:42 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利食い

投資信託 資産運用
利食い

FXにおいて、最も重要なのは損切りです。FX用語ではロスカットという言葉で使われる事が多いですね。
そのロスカットが出来なければ、必ずどこかで大きな損害を被るでしょう。
それくらい、ロスカットは重要です。そして、そのロスカットと反対の意味を持つ「利食い」というFX用語も、同時に覚えておきましょう。
この利食いも非常に重要です。FX用語としても、最初の方で目に付く事の多い言葉です。
利食いというのは、現在確立しているポジションで利益が出ている場合、それを早めに売り、利益確定させることです。俗っぽい言い方だと「勝ち逃げ」という奴ですね。FXの場合、勝ち逃げをして非難される事は全くありません。当然ですね。
悪い事をしているわけではないのですから。むしろ、FXにおいて勝ち逃げであるこの利食いというのは非常に重要な手法です。
勿論、先のことはわからないので、現在利益が出ている通貨が今後更に伸びてくる可能性は十分あります。
何処までが天井かなどは、神様でなければわかりません。
利食いを行った事で、待っていればもっと大きな収益が得られた、という事もあるでしょう。
しかし、こういった機会損失はやむなしとすべきです。逆に下がった場合、人間の心理的に「また持ち直すさ」という強い願望が働きます。これは、普通に上がるのを待つ場合より、一度おいしい思いをしているだけにその願望は非常に強くなり、結果ロスカットすらできなくなってしまいます。
人間、一番余裕があるときに決断するのがベストなのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 銘柄は業績で選ぼう 株式投資 銘柄はチャートを見て選ぶ 株式投資 売るタイミングが一番難しい

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 11:16 | Comment(0) | 金融 証券 投資関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引の売買注文方法

投資信託 資産運用 商品先物取引
商品先物取引の売買注文方法

商品先物取引についてある程度学んだら、次はいよいよ注文を出す事になります。
金融取引における最も重要な行為と考えて良いでしょう。
注文を出すかどうかによって、取引が行われるかどうかが決まるわけですから、当然と言えば当然ですよね。金融取引における注文は、いわばトリガーのようなものです。
では、商品先物取引における注文というのは、どのように行うのでしょう。実は、基本的な部分は他の金融取引、つまり株やFXとそれほど違いはありません。
指値注文や成り行き注文など、おなじみのものばかりです。
ですので、金融取引を行った事がある方にとっては、それほど苦にはならないでしょう。
一方、初めての金融取引商品先物取引を選択したという方の場合は、そういうわけには行きません。
そういった方は、まずどのような注文があるかという事を知る必要があります。
そして、さらにその前に、どういったことをあらかじめチェックしておくべきかを知っておかなくてはならないでしょう。
商品先物取引において、あらかじめチェックすべき必要事項は沢山あります。
まずは商品名ですね。金、銀、大豆、ガソリンなど、これに関しては他のどの取引より簡単です。
次に限月です。限月というのは、各商品の取引期限の事です。
ここが他の金融取引と違う所で、それぞれの商品にはこの期間までしか取引はできませんよ、という決まりがあります。
この限月を知っておかない事には、突然取引が終了してプランも何もないという状況になるので注意しましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?



posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 09:54 | Comment(0) | 金融 証券 投資関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売るタイミングが一番難しい

投資信託 資産運用
売るタイミングが一番難しい

株式投資において、一番多くの人が悩む瞬間というのは、保持している株を売る時です。
これに関しては、たとえ多くの経験を積んだ方であっても、少なからず抵抗を覚えたり、後悔したりするケースがあります。
まして、初心者の方となると、なかなか売り注文を出せないとなっても致し方ないかもしれませんね。まず、何が難しいのかというと、そのタイミングです。もし現在保持している株の株価が急落している場合、初心者の方であれば当然焦りますし、相当不安を覚えます。
それを平常心で眺めろという方が無理です。ただ、どんどん落ちていく株価に対し、見切りをつけるというのは、ある程度経験を積めばできます。
問題は、じわじわ落ちている場合です。「これくらいの落ち方なら、少し時間がたてば反発するのじゃないか?」という内なる声が聞こえてくるのです。
そうなると、損切りラインをどんどん下げてしまい、結果的には大損となってしまうケースがよくあります。逆に、株価が上がっている場合でも、売るタイミングはとても難しいです。「このまま待っていたら、確実にもっと稼げる」
という心理が働くからです。人間のよくは際限がないものです。
こちらの場合は、上昇の勢いがあればあるほど売るタイミングが難しくなります。
こういったタイミングをどう判断するか、というのは、初心者には難しいので、できるだけ事前にラインを引き、そのラインを超えた場合には機械的な挙動でばっさり売るというのが一番です。
その様な売り方をし、もし損切りを行った直後に急激に株価を上げた場合などは、確かに後悔もするでしょう。それでも、その売り方を完全に馴染ませれば、後悔も少なくなり、割り切った客観性の高い取引ができるのです。
お勧めは、売った銘柄に関しては売った直後から暫くの間は株価を確認しない事。
これで、精神衛生上かなり楽になります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 北海道旅行春旅行 こだわりの宿春旅行 こだわりの宿(2)

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 10:03 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引のデメリット

投資信託 資産運用
商品先物取引のデメリット

金融取引には、リスクは付きものです。100%利益が得られるのであれば、誰も苦労はしませんよね。
バブル崩壊前は実際、銀行に預けていれば100%何のリスクもなくお金が増えるという認識でいた方も多いでしょう。まさか銀行に倒産のリスクが訪れるとは夢にも思っていなかったはずです。
しかし、投資、金融取引というものには、絶対にこういったリスクがあるのです。
それは当然、商品先物取引にもあります。しかも、レバレッジによって多額の取引が可能という事は、跳ね返ってくる額も非常に大きいという事になります。
例えば、口座に数十万円しかないのに、数百万円の損失を被ってしまうリスクがあるのです。
当然そうなれば借金生活がスタートします。通常の取引であれば、元手がゼロになるリスクはあっても、マイナスになるリスクはありません。
この点は、商品先物取引の持つデメリットという事になるでしょう。
また、元本保証もありません。それが何を意味するかというと、投資した資金がゼロとなり、戻ってこない可能性があるという事です。
資金が価格変動により減少し、証拠金が不足した場合は、追加しなくてはならなくなるケースもあります。
こういったリスクもしっかり頭に入れた上で、商品先物取引は行う必要があります。特に、レバレッジのある取引は常にハイリスク・ハイリターンであるという事を頭に入れておかないと、取り返しのつかない事になりかねません。
最悪、口座にあるお金がなくなるだけ、と甘く考えていると、人生が狂う可能性だってあるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 09:19 | Comment(0) | 金融 証券 投資関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクニカル分析

投資信託 資産運用 株式投資
テクニカル分析

ファンダメンタル分析と肩を並べ、株取引における分析方法が、テクニカル分析です。
これは比較的、多くの初心者の方がまず試す分析といえるのではないでしょうか。ただ、この分析が初心者向けであるというわけではありません。むしろ、ファンダメンタル分析以上に玄人向けともいえます。非常に奥が深い分析方法です。
テクニカル分析は、理系向きの分析方法といえます。というのも、株価チャートを分析する事が基礎となるからです。
株価チャートは、とある銘柄のこれまでの株価の動きを分析し、今後どのような動きになっていくかを予測していきます。つまり、過去の株価の動きを中心に考えていくわけです。
あまり情勢を考慮せず、あくまでもデータ中心に進めていく事で、客観的な予想ができるという点では、かなり有効な方法と言えます。
その一方、過去の動きからは予測できない、何かしらの外的要因が働いた場合は脆いですね。
初心者の方がテクニカル分析を行う上で重要なのは、ローソク足とトレンドをまずしっかり覚える事です。
ローソク足は、株価チャートを表す上で非常に見やすくまとめた物です。チャートはグラフによって表されますが、そのチャートはローソク足の集合体によって成り立っています。
一方、トレンドというのは上昇、下降の流れです。どのようなチャートになったら上昇トレンドに傾くのか、また下降トレンドに移行するのか、といった見方をしていくことで、予測が成り立っていきます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 10:50 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証券会社の主な種類

投資信託 資産運用
証券会社の主な種類

近年、株取引の証券会社は非常に増えています。最早、全ての会社を比較検討するのは困難なくらいの数になっており、全てを把握するのも難しいでしょう。まして初心者の方ならばなおさらですよね。
その中で、初心者の方が少しでも選択肢を絞る為には、証券会社の種類を把握しておく事が重要です。
それによって、どういう証券会社が好ましいという事を決めれば、一気に決めやすくなるでしょう。
基本的に、株式投資の証券会社は規模で分けます。大企業と中小企業と同じような形ですね。大手証券会社、それ以外の証券会社という形です。大手の証券会社は、安心と信用が抜群に高いです。その為、年々そのシェアを増やしている所がかなり多いですね。
その一方、サービスに関しては定格となっている所も多く、時代の流れについていけてないところもあります。そういう場合、手数料が高くなったり、情報ツールがやや前時代的だったり、というところもあるようです。中には、オンライン取引を扱っていない所もあるようです。
もし、そういった情報系に関して最新の物を扱っている会社を望むならば、ネット専業の証券会社がお勧めです。
インターネットが普及してから生まれた会社ですから、基本的に扱う情報ツールは最新のものであったり、それに準じているというケースがほとんどです。
手数料も安い所が多いです。しかしその一方、すぐに潰れる可能性がある証券会社も少なからず存在しています。よって、一長一短というのが現状でしょう。

初心者の方は、できる限りオンライン取引をしたいという人が多いかと思います。
そういう人は、まずネット専業の中での有名証券会社を探してみてはいかがでしょうか。
もしくは、大手でオンライン取引を扱っている所でも良いでしょう。
株取引において、証券会社の決定は最初の関門と言えます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活




posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 12:58 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配当金とは?

投資信託 資産運用 株式投資
配当金とは?


kousoku-dou.JPG


株取引で得をする為には、キャピタルゲインで差益を獲得するのが一番大きいです。額も一番高く、機会も一番多いので、基本的にはこれが株取引における利益となされます。
ただ、このキャピタルゲインだけが利益を得る機会ではありません。
もう一つ、インカムゲインがあります。

インカムゲインは、配当金と優遇サービスが主だったものです。
この二つを別のものとする考え方もあります。
では、まず配当金についてご説明しましょう。

配当金というのは、いわゆるボーナスですね。
その会社にとって、投資家というのは会社の資金を支えてくれる人たちです。
その人たちに対して、株を持ってくれている感謝の気持ちとして、その年度、その期間に利益が出た場合に配当金という形で還元するのが、配当金という制度です。
多くの会社は、決算期を、配当金を分配する日に設定しています。
つまり、決算期にその会社の株を所持している人に分配されるわけです。
ここで面白いのが、この配当金の分配は、どれだけの期間株を持っていた、というのは関係ないということです。つまり、配当金を配る日の数日前が基準の日の場合、その日にさえ株を所持していれば、配当金が発生します。極論を言えば、その日のちょっと前にその会社の株を買って、基準日が過ぎてすぐ売っても、配当金は出るのです。
逆に、その基準日の数日前まで半年間ほど株を所持していたとしても、基準日に持っていなければ配当金は分配されません。
こういった状況があるので、決算が近くなると株が買われ、株価が上がり、決算を過ぎると株が売られ、安くなるという状況になります。
初心者の方は、この配当金で稼ぐのも一つの手です。
売買のタイミングに関係なく、持ってさえいれば利益が得られるからです。ただ、その会社が利益を出していなければ、配当金が発生しないケースも多々あります。
また、上手いタイミングで売らないと、せっかく配当金で稼いでも、それ以上に差額で損してしまいます。
初心者の方が陥りやすい失敗です。初心者の方は、必ず一度決算期の動きをチェックしておくようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 18:05 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用とは

投資信託 資産運用
資産運用とは


今の世の中は大変不景気であります。
不況という理由から、個々でのお金の管理は多様化してきたように感じます。
銀行にお金を預けても利息も昔ほどつかなくなってしまいましたし、いつ金融も破綻してしまうかわからない世の中。
不況に関しての様々なことで不安がついてまわるようになってしまいました。
タンス貯金なんていう言葉も存在するようになりましたよね。
利息が良かった時代にはこんな言葉はなかったでしょう。
皆さんは今自分の資産がどれくらいあるのか把握し、今後その資産をどうするか、考えていますか?「資産なんてものはない」なんて思ってしまう方もいるかもしれません。
ですが、お金を持っている人もあまり資産がない人も、資産運用について真剣に考えておく必要はあると思います。
資産運用ときいて、すごく大きなお金を動かすようなイメージを持たれるかもしれませんね。
ですが、資産といっても内訳は様々。
マイホームを持っている方は家も資産に入りますし、もちろん預金、現金、株など。
どうでしょう?皆さんが持っている資産というのは少なくともこの中でいくつか該当しませんか?少なからずとも資産はほとんどの方は持っています。
銀行に行くと「資産運用相談窓口」というのがありますよね。
では自分が今持っている資産、それを運用するってどういうことだろう?このような疑問があるかもしれません。
初心者の方やこれから資産運用について考えているかたのために少しずつ紹介していきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:20 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託とは?

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
都市計画法と都市計画区域

飛行機.jpg
投資信託:投資信託とは?
【記事詳細】


人気ブログランキングへ
 


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 12:25 | Comment(0) | 投資信託とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用 投資信託とは?

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
≫FX用語 塩漬け

投資信託とは?
【記事明細】

エバーライフのヒアルロン酸『皇潤』
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 13:04 | Comment(0) | 金融 証券 投資関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。