総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

国債と資産運用

国債と資産運用
投資信託 to 資産運用

「個人向け国債」という言葉を聞いたことはありませんか?証券会社の商品としてとり扱われている個人向け国債。
資産運用を行っている人でこの方法をとっている方はいると思います。
個人向け国債とはもちろん個人に対するもので、日本が発行している債券のことをいいます。
個人向け国債は安全性が高いものとされているようですが、国の状況によっては確実な安全性を保てないといった危険性があるようですので注意が必要です。
資産運用を行うにあたっては聞きなれた言葉なので初心者でも簡単にできそうな気がしますよね。
個人向け国債は小額から始められます。
金融機関の商品紹介などを参考にすると非常にわかりやすいと思うのですが、一万円から可能というのが特徴です。
そしてどんな方でも始められるという嬉しいメリットがあります。
他にメリットとされる部分は自分のニーズに合わせてプランが選択できるということです。
プランというのは固定金利なのか、変動金利なのかといった2種類のプランから選択できるようになっています。
個人向け国債は満期があります。
固定金利と変動金利の満期は違います。
固定金利は満期が5年となっており、変動金利の満期は10年となっています。
色々な証券会社で変動金利ですとか固定金利といった言葉を聞きますよね。
お金を増やす手段として個人向け国債を選択するのは安全性が高いと言われているので良いかと思います。
安全性に加え、金利も非常に大事ですよね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 11:24 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託と資産運用

投資信託と資産運用


投資信託と資産運用の関係について少し話しをしてみます。
資産運用の中で投資信託がありますが、投資信託ってなんだろう?と聞いたことはあるけれど、資産運用とどう関係があるのかなど、わかりにくいですよね。
投資信託とはいわゆる金融商品でありますが、世の中にはたくさんの投資家がいます。
その投資家の方たちから集めたお金があります。
投資信託はそのお金をまとめて運用の専門家が国内や海外の株式に投資をします。
当然ながら利益が上がれば分配されますので運用の専門家にかかってくるということですし、投資をする人たちは運用のプロを信じて投資するということなのである種の信頼関係の中で行われるシステムなのでしょうね。
投資信託はたくさんの人からお金を集めるというやりかたですので、個人で行う株などと比べて少ない資金でできるというのが嬉しいメリットのようです。
少ない資金といっても何十万単位ではなく、一万円くらいから参加ができるそうです。
一万円でしたら働いていればそれくらいのお金は自由に使えますし、自由に使うのであれば投資信託に回してもいいと思える位の金額といえるでしょう。
投資先の選択はもちろん専門家が行うのでそこも安心の材料となりますし、安全性が高いといわれていますので、油断はできませんが初心者の方で低資金の方にとっては好都合だと思います。
これがわかってくれば他の運用方法も知りたくなることでしょうし、利益が分配されれば投資に対しての楽しさというのも出てくることでしょう。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 21:43 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用【始めの第一歩】

資産運用【始めの第一歩】
投資信託 資産運用

資産運用をするにはまずどうしたらよいのか・・。初めてのことだしわからない。
だけれどもこのまま金利の低い銀行に預けておくのも昔のように殖えないのはわかっている。
流行っている株は変動があって怖いので知識のない自分には手を出せない・・こんな悩みを抱えて悶々としているのでは一向にお金は貯まっていきませんよね。
誰しも資産運用を始めるときはわからないことだらけで、知識や経験の無さからくる不安があったはずです。
ですが、きちんと自分に見合ったマネープランを立てている人は確実にお金を殖やしているといいます。
そこで、まずは資産運用を始めるにあたって、投資するお金が必要になってきます。
預金がない、ということでは資産運用もなにもありません。ある程度の預金があってこそ、資産運用の始まりの第一歩となるのです。
ですので預金が人には言えないくらい少ないですとか、預金が全くないという人はすぐに資産運用のことを考えるのではなく、まずはお金を貯める事に集中してみましょう。
預金額の目標は特に目安はありませんが、10万や20万の話ではなく、100万単位の預金を貯めていくことですね。
100万を貯めるのは今の不況のなかでは実に大変だと思います。
簡単に貯まる金額ではないですよね。
ですが、塵も積もれば山となる。
いつまでにいくら貯めるという目標設定を小刻みにし、一つの金額目標が達成したら次の目標に向けて頑張るということを繰り返すといつの間にか100万円はたまっていることでしょう。
無駄遣いしないように気をつけましょうね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 14:10 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株主優待

オンライントレード
株主優待
投資信託 資産運用

オンライントレードを始めるという人の中には株主優待を楽しみにしている人も多いと思います。
逆にオンライントレードというよりも株主優待をもらうためだけに口座を開設するという人も少なくありません。

株主優待を受けるためには権利確定日を含めた5営業日前までに株を買う必要があります。
またミニ株のような少ない単位だと株主優待の権利がないことが多いので注意しましょう。
もちろん所有する株数が増えるほど、株主優待のグレードもよくなってきます。
そして株主優待 を受けることができても実際に物が手に入るまでに3〜4ヶ月は時間がかかることも知っておきましょう。

各株式会社によって権利確定日は異なります。
そのため上手に利用すれば毎月株主優待を受け取ることができるのです。
最近では各月ごとにどのような株主優待があるか知ることのできるサイトまで誕生しています。
自分の予算や優待の種類、権利確定月など条件を当てはめて検索できます。
自分の希望にあった会社が見つかるでしょう。

オンライントレードで利益を出すための売買が多く、期で株を保有するという人が少なくなっています。
そのため証券会社によっては長期保有すればするほど、株主優待のグレードがアップするというシステムをとっているところがあります。
1年以上保有すれば、金額にして今までの倍以上の株主優待が受けることができるのです。
売買で損をすることを考えれば、長期保有して利益を得るというのも一つの手段になります。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 19:31 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株主総会

投資信託 資産運用 オンライントレード
株主総会

オンライントレードを行っている多くの人は株主総会への参加の権利を持っています。
しかしながら株主総会に参加する人は少ないのも現実です。
手軽にできるオンライントレードであるため、業績のいい企業の株を売買することだけに目がいきがちです。
そのため株の値段にしか興味がないという人も多く、ましてや株主総会などは全く興味がないという人はとても多いのです。

株主は株を保有している人を指します。
しかし、株主総会に参加するためには一定の株を保有していることが条件になります。
ミニ株といった少数の株では株主総会に参加することはできません。
また決算日の4営業日前にはその会社の株を保有していなければなりません。
株主総会は株式会社における最高の意思決定機関になります。
議決権を持っているのです。
決算書を決める権利も持っています。
オンラントレードで株を楽しんでいると株主であるということを忘れがちですが重要な役割があるのです。
株主総会は決算などの報告もあり楽しそうというイメージはないと思います。
しかし最近では株主総会もメリットがたくさんあります。
食品業界であれば発売前の商品を試食できたり、音楽業界であればアーティストによるコンサートが開かれたりします。
ただの説明だけという株主総会も段々減ってきています。
最近ではより多くの個人株主に株主総会に参加してもらうために休日に総会を開催する所も増えています。
株主優待や配当金以外として、株主総会は注目を集めています。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 11:40 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村證券

投資信託 資産運用オ ンライントレード
野村證券

野村證券といえば、証券会社の中でも大手と言われ信頼のある会社になります。
そんな野村證券もオンライントレードを楽しむことができます。

野村證券のオンライントレードは野村ホームトレードと言われています。
野村證券は信用のある会社ではありますが、他社と比べると手数料は少し高めです。
ネット証券と比べればかなり差がでてきます。

ホームトレードの最大の特徴は資産運用にあります。
株取引は資産運用の一つとして考えられており、資産管理が重要視されています。
そのためオンライントレードでも資産管理画面がとても使いやすくなっています。
大手銀行などの口座情報も一括で管理することができるのです。
口座情報を管理することは、株式投資にどれくらい回すことができるかを知ることもできます。
もちろん携帯電話でも利用できます。

野村證券は口座管理料も必要であり、お金のかかるイメージがあるためか倦厭されがちです。
ただ魅力もたくさんあります。
その一つが新規公開株です。
大手証券会社ということもあり、新規公開株の割り当てが多くなっているのです。
つまり他の証券会社に比べると抽選にあたる可能性が高くなります。
新規公開株は株価が上昇しやすいため、とても人気のある株になります。
確実に収益をあげたいという人が注目する株であり、なかなか購入することができないのです。
そんな新規公開株を購入しやすいという点で野村證券は人気です。新規公開株はオンライントレードで購入が可能です。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 21:15 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体験セミナー

投資信託 資産運用 オンライントレード
体験セミナー

オンライントレードをするのが初めての人にとっては、わからない事がたくさんあると思います。
そんな人にお勧めなのがセミナーです。
各証券会社が様々なセミナーを行っています。
株取引の商品についてのセミナーもたくさんありますが、初心者向けのセミナーも用意されています。

中にはオンライントレードの体験セミナーというものを行っている証券会社もあります。
ネット証券よりも店舗型の証券会社の方が体験セミナーを扱っていることが多いです。
オンライントレードの体験セミナーといっても証券会社によって様々です。
マンツーマンで教えてくれるところもあります。
近くの証券会社に行けば教えてくれます。あらかじめ予約をしておけば、後はお店に行くだけでいいのです。
初心者にはマンツーマンで教えてくれるセミナーがいいでしょう。

他にもスクールタイプのセミナーもあります。
少人数の場合は人数が集まらないとセミナーが開催されない場合もあります。
1人の講師につき、10人程度の生徒という形になります。
もちろん質問もできるので疑問には答えてもらえます。
ただし、スクールタイプのセミナーは店舗が限られるという難点があります。

またセミナーという形ではなく店頭に用意してあるパソコンでオンライントレードが体験できるものはあります。
自宅のパソコンでやっていてわからなかった部分を聞いたり、まだやったことのない人はどんなものか知ったりするのに役立ちます。
さらにパソコンの使い方から教えてくれるという証券会社もあります。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

もしも定額給付金が100万円だったら・・・


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 11:40 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資信託

投資信託 資産運用 不動産投資
不動産投資信託

証券化された不動産投資は、大きな売却益は期待できませんが、長期に渡って賃料収入を得るには適しています。
現物での不動産投資とは違い、少額で不動産投資を行うことができて、市場で売買できる流動化の高い投資商品の1つとして扱うことができます。
不動産投資信託とは、投資対象をマンションやオフィスビルなど不動産を主体としたファンドの一種です。
投資家から集めた資金で投資信託委託事業者や資産運用業者が運用を行い、賃料収入や売却益から投資家に配当を行う仕組みになっています。
アメリカのREIT(Real Estate Investment Trust=リート)にちなみ、日本版REIT(J-REIT)と呼ばれています。
平成13年に東京証券取引所で不動産投資信託の専門市場が開設されました。
不動産投資信託は上場株式と同じように市場を通じて個人で自由に売買できます。
個別の不動産投資信託以外に、複数の不動産投資信託を組み入れたファンド・オブ・ファンズも販売されています。
株式投資信託と同じように1万円程度から購入することも可能です。

不動産投資信託の購入には、商品の特徴を慎重に検討しましょう。
不動産投資信託のリスクには、ファンドを構成する賃料収入の減少などによる利回りの低下、金利上昇による借入金の利払いが増加、地震など不動産の損壊による配当金・価格の低下などのリスクがあります。
不動産投資信託の購入には、目論見書や運用方針、運用対象を理解し検討することが必要となります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

投資信託 投資信託とは投資信託 投資信託の運用投資信託 投資信託の特徴投資信託 リターン・リスク投資信託 投資信託の分類投資信託 追加型株式投資信託



posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 16:14 | Comment(0) | 不動産投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。