総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託とは

投資信託


今や低金利時代とか言われていて人々の資産運用への関心は高まってきていると思います。
そのためか投資信託に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。


投資信託と言葉だけは知っていても実際にどういうものかご存知ないという方のために、投資信託というのは、投資家が投資したお金をひとつにまとめてそのお金を運用のプロの人が債券や株式で運用をしています。その結果に応じて収益を投資家に分配するという金融商品になります。

収益の増減は運用次第と言うことになりますが、うまくいけばそれなりに配当は高く戻ってきますし、うまくいかなければ元本割れを起こす場合もあります。

元本割れを起こしたからと言って運用した人を攻めるのはダメで、あくまでも自己責任において投資をしなければなりません。

投資信託を預貯金と同じように考えている方もいるかと思いますが、違いますのでここで投資信託と預貯金の違いについて説明してみたいと思います。
投資信託は預貯金のように元本が保証されていないために運用次第では元本割れを起こす可能性があります。

預貯金は利息によってある一定の金額が増えるだけですが、投資信託は運用次第でかなりの収益に増える可能性があります。

運用で得られた収益は均等に投資家に分配されます。

投資信託を購入・売却する際には一定の手数料がかかります。

簡単に説明してみると上記のようなことです。資産運用への関心が高まっているなかぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。
投資信託
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。