総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託の仕組みについて

投資信託を運用する仕組みについてですが、投資家達から集めた資金を元にして、販売・運用・管理の各会社がそれぞれの役割で運用することから成り立っている金融商品となります。


それでは各会社における役割を説明してみたいと思います。

【販売会社】
証券会社、銀行、保険会社、郵便局などの金融機関を指しています。主に投資信託の商品を販売しており、資金を投資家達から集める役割があります。

その他にも「受益証券の保護預り」「目論見書の交付」「運用報告書の交付」「計算書の交付」など役割があります。

【運用会社】
運用会社とは投資信託会社の事を指していて、販売会社が集めた資金を元手にしてファンドを作成するという役割があります。
その作成されたファンドを管理会社へ運用させるよう委託します。
その他にも「基準価額の計算」「経済、企業、市場などの調査分析」「目論見書の作成」「運用報告書の作成」などの役割があります。

【管理会社】
管理会社とは信託銀行などを指していて、運用会社から委託された内容をもとにして株式や債権などに投資を行い、資産の運用管理をする役割があります。

以上のような仕組みが投資信託にはあります。運用によって得られた収益に関しては販売会社を通し、各投資家達に均等に分配され還元されるという仕組みの流れになっています。
投資信託など個人でお金を預けて運用などをする場合は、その商品の仕組みについて分かった上で投資をするようにした方がいいと思います。
投資信託
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。