総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託ってそもそも何?

投資信託というのは、3つの金融機関が関わっていて成り立っているものです。
投資信託には「販売会社」「運用会社」「管理会社」の3つの金融機関が関わっています。銀行や証券会社など投資信託の銘柄を扱っている会社を「販売会社」と読んでいます。この販売されて集めたお金をファンドマネージャーがファンドを組み立てていくのですが、このファンドマネージャーがいるところを「運用会社」というような位置づけでいます。最後に「管理会社」ですがこれは投資家たちが投資したお金を管理する会社ということになります。これが信託銀行ということになるわけです。

これだけ関わると、ややこしくなって大丈夫なのかな?という不安がでてくるかと思いますが、常に違う会社で情報交換をしていて関わっているので使い込みなど不正が出来ないですし、ミスや勘違いも修正が早いので損失も少なくなるという可能性があります。
ですからお金の流れや運用の流れなどを各会社で把握するということですから常に公正さが求められるということになるわけです。

一つの会社でこもってやってしまうと、投資家には何をやっているのか全く分からなくなるので常にオープンにされるという面では公正さもあっていいかもしれませんね。また、一つの会社がつぶれても残りの会社でまかなうということもできる。ですからお金もどこかで必ず守られるということになります。ですので、安心して任せてあげることができるという意味合いになるのかもしれません。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 投資信託ってそもそも何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。