総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託の税金について

投資信託の税金ってよく分からないですよね。ですから少しここでご説明してみたいと思います。


【追加型株式投資信託】
「平均信託金方式」をとっていた追加型株式投資信託の課税方式が2000年4月1日より、「個別元本方式」に変更になっていることが分かっています。

今まで扱われていた「平均信託金方式」と言うのは、購入したファンドを購入した全投資家の平均購入単価のことを平均信託金と言いますが、この平均信託金を税法上における元本というように定められています。

投資家がこのファンドを解約する場合、または収益分配金や償還金などを支払う場合にファンドの基準価額から平均信託金を差し引いた金額に対して20%を課税するという形を取っていて、この課税の仕方を「平均信託金方式」というように言っていたようです。

【個別元本方式】
では新たに適用された「個別元本方式」と言うのはどういうことかと言うと、今まで投資家全員の平均購入額を元本としていたものに対し、個人ごとの購入額を元本とするという事に変わったと言うことです。
ですから同じファンドを購入したとしても、投資家によって元本が違うということになりますし、受けとる収益や償還金などの金額、税金の金額も個々に違うと言うことになります。

では、どうやって私たちは元本を計算すればいいのでしょうか?私たちは計算をする必要がなく、ほとんどが販売会社側で計算をして把握をしてくれるので、心配する必要は無いようです。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 投資信託と税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。