総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

株式投資信託と公社債投資信託

投資信託の種類である、「株式投資信託」「公社債投資信託」の2つの投資信託の種類について説明してみたいと思います。


この2つの投資信託は運用対象によって分けられています。

「株式投資信託」とは日本の税法の規定、投資信託約款により1株でも株式が組み込まれているものに対してのことを指しています。通常は株式を中心にして運用をしている投資信託のことを指しています。

ですから、この約款のためにほとんど株式が組み込まれていないいわゆる債権型のファンドに対しても追加型株式投資信託という部類に分類されてしまっているという実状があります。

株式投資信託には2つの種類があり、1つは「単位型」と呼ばれる一度設定したら追加設定を行わないタイプのものと、もう1つは「追加型」と呼ばれる需要があるときに自由に設定をすることができるタイプのものがあります。
現在の投資信託の主流となっているのが、この「追加型」のもので別名「オープン型」とも呼ばれています。

「公社債投資信託」とは株式を全く組み入れていないファンドのことを指しています。
通常は公社債や短期金融商品で運用をされているものになります。「株式投資信託」にもある追加型と単位型というタイプもこの公社債投資信託で設定されており、有名なところでは単位型で長期国債ファンド、追加型でMMF、MRFがあると思います。

というように、「株式投資信託」と「公社債投資信託」について説明してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 16:00 | Comment(0) | 株式投資信託と公社債投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。