総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託のリスク

よく、株をやっている人から聞く言葉で「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」という言葉があると思いますが、
この「リスク」というのはいったいどういう事なのでしょうか。

リスクというのは、不確定要素の事を指しています。マイナス面に対してどうなるか分からない事柄の事をリスクというように呼んでいます。

では何が「ハイリスク」で何が「ローリスク」なのでしょうか。例えば定期預金のように元本割れを絶対に起こさないという保証がついている商品を買った場合、利息がゼロになる事はまずめったにないでしょうからリスクの要素が低いということになります。それが「ローリスク」ということ、それを受けて大儲けもする確立もかなり低いので「ローリターン」ということになります。

逆に、元本割れをする可能性がある上にそれがゼロになる可能性もあるけれど、その分収益も高くなる可能性もあるというものを「ハイリスク・ハイリターン」というように呼んでいます。
ちなみに中間ぐらいの「ミドルリスク・ミドルリターン」という言葉もありますが・・・。

リターンとリスクというのは正比例しているもので、リスクは低くてリターンが高いなんていう都合のいいものというのはまず存在しないというように考えた方がいいと思います。そんなのがある場合はちょっと疑ってみてもいいかもしれませんね。

投資信託には少なからずリスクは付いて回ります。それを充分に理解したうえで購入するようにすることをお勧めします。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | 投資信託のリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。