総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託は長期に渡って運用

投資というとなんか不安定でいつ暴落してもおかしくないというイメージがありますが、
投資信託は長期間に渡って運用していくことで比較的に安定性が期待できると言うように言われています。

短期間で運用する場合、時期によって市場がある要因により大幅に変動してしまってリスクを負ってしまう可能性が高くなりますが、投資期間が長い長期運用になるとその変動によるリスクを軽減させる可能性が高いというように一般的に言われています。

また、手数料に関しても短期投資の場合には売りや買いを繰り返すのでそのつど手数料が発生してしまいますが、長期運用だとその点についても抑えることができると思います。
例えば1年間に変動幅が100あったものも、5年間という長期幅でみていくと平均変動幅が50位にしかならなかったということのように、いいときと悪い時の幅を期間という長さで調和してくれるのが長期投資信託のメリットではないかと思います。

そのためにいい投資信託の種類は「積立投資信託」ではないかと思います。
自分のペースで、自分のプランで、比較的低予算で始めることができるファンドで、無理しないで長期運用が可能だというメリットがあります。

また、株は安いときに買って高いときに売るという基本的な考えがありますが、その見極めやタイミングは難しいものだと思います。その分積立投資信託で定期的に購入することで、いい時も悪い時も逃すことなくバランスよく購入することができます。

投資信託を長期間で運用するというのが、利益を上げるコツかもしれませんね。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 16:00 | Comment(0) | 投資信託は長期に渡って運用する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。