総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

定期預金と投資信託の違い

投資信託を購入しようと考えている人は、よく銀行とかで扱っている投資信託の商品を見て「定期預金」と同じようなのではないかと思っている人が多いと思いますが、
投資信託と定期預金は全く違う商品になります。

では、違いはどういうものでしょうか?まず定期預金は減ることが無いので元本割れを起こすことは無いのですが、投資信託は元本保証がないので、元本割れを起こす場合があります。この点が大きく違うところではないかと思います。

次に投資信託の利息は確定的なものではないということ、銀行で取り扱っている定期預金の利息に関しては、固定金利でも変動金利でも全くの0になることは無いので、多少なりとも利益が出ることになりますが、投資信託の場合は本当に予想が出来ないので、うまくいくと定期預金なんかよりすごくいい利率が付くし、ダメだとマイナスになってしまいます。

次の違いは、商品を扱っている場所が投資信託のほうが断然多いということ。定期預金は基本的には銀行や郵便局だけですが、投資信託はこの他にも証券会社を基本として生命保険会社などでも取り扱っているようです。これは金融ビッグバンという10年ほど前の規制緩和によるものだということです。ですから、ずいぶん身近なところで投資信託が買えるということになっています。

基本的な違いとして取り扱っている言葉もちょっと違います。定期預金は「預ける」や「解約する」という言葉を使いますが、投資信託に関しては「売る」「買う」という言葉を使いますのでその辺も違いますね。

このように、投資信託と定期預金というのは全然違う商品ということがお分かりいただけましたでしょうか。


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | 定期預金と投資信託の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。