総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託における純資産総額と基準価額

投資信託を始めていくと、ついつい耳にすることが多い用語が出てきます。それが「純資産総額」と「基準価額」です。
これは是非知っておいてもらいたい用語だと思います。


簡単に言ってしまえば「純資産総額」というのは、ファンドの大きさみたいなもので、「基準価額」はファンドの値段を指しているという事になります。
具体的に例を挙げて言って見ると、例えば5人投資家がいるとします。1口1万円のファンドを一人10口購入したとします。1人10口なので10万円、5人投資家がいるので50万円、この総額50万円が「純資産総額」ということになります。このお金が値上がりして60万円になると純資産総額は60万円になるし、30万円に減ると純資産総額は30万円ということになります。

「基準価額」は純資産総額を口数で割ったものを指しています。先ほどの例を挙げてみると1人10口で5人いるので50口あります。総額が50万円なので割ると基準価額は1万円ということになります。値上がりして純資産総額が100万円になった場合は基準価額が2万円になるということになります。

この、基準価額も純資産総額も固定のものではなく毎日変動するものになります。基準価額は株式で言う株価のようなものと思ってみてください。

というように、純資産総額と基準価額という言葉の意味を理解していただくことが出来たでしょうか。是非覚えてこれからの投資信託生活に役立てていくようにしてください。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | 純資産総額と基準価額 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。