総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託のデメリット3

投資信託を購入するに当たって、何に対してもそうですがメリット・デメリットというのは常に付きまとってきます。
それをきちんと理解したうえで何でもやるということが大切なことだと思います。

ここでは投資信託におけるデメリットについて説明してみたいと思います。

投資信託のデメリットのひとつとして、投資信託を行う側の専門家をこちらで選ぶことも難しいということが挙げられます。

投資信託をするためのリスクとしては価格の変動というのが少なくとも伴ってくるものだと思います。これをプロの人が運用したとしても市場全体の変動を把握するということは相当難しいことです。ですからたとえ銘柄を選別する目があるとしてもなかなか市場を把握しきることができないということが言えると思います。

私たち投資家側が株式の銘柄を選択するということはとても難しいことだと思います。しかしそれ以上に難しいのがその選択を託そうとする優秀な専門家を選ぶことではないかと思います。

この投資信託を選定する人をファンドマネージャーといいますが、このファンドマネージャーを選ぶ際に本当は設けられていないといけない情報が開示されていないという現状がありますので、こちらでは選べないというところが実情ではないでしょうか。

また運用実績があるファンドマネージャーを選べたとしても、市場によっては全く分からなくなるのであてになるものではないということになります。
本当に投資信託を行う際というのは難しいものであることが分かると思います。



posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 投資信託のデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。