総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託における資料

投資信託を売買するときや保有するときには、様々な資料を元にして契約をしていくのですが、それぞれの状況によって販売会社から資料が送付されているようです。
少し前までは郵送で行う紙ベースの資料の授受が多かったのですが、現在ではインターネット上による電子送付による資料の授受が行われているケースも多いようです。

では、どういう資料が授受されているのでしょうか。まず購入時に販売会社から送付されてくる資料が「目論見書(もくろみしょ)」と言われている売買報告書になります。内容には買い付けした状況が記載されていて、投資信託を購入した後2?3日でお手元に届くようなシステムになっています。
この目論見書を読んで商品の特性や運用対象、換金条件、税金面などをよく理解したうえで投資信託を申し込む必要があります。

また、投資信託を保有している間には「運用報告書」が定期的に送付されてくるようです。運用報告書には保有している投資信託に対しての運用成績が記載されています。送られてくるタイミングとしては決算時期に作成されて送付されます。これは法律で義務付けられている資料ですので必ず送られてくると思います。
また収益がでて分配金が発生した場合には「分配金のお知らせ」という資料がお手元に送付されてくるようになっています。

最後に、投資信託を売却した場合ですが、このときには購入時と同じ「売買報告書」が送られてきて、償還金がくる場合に「償還報告書」という資料がお手元に送付されるような仕組みになっています。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | 投資信託の資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。