総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託の分類

投資信託 資産運用
投資信託の分類

投資信託という商品は他のどの金融商品と比べてみてもいろんな種類があり、実にバラエティーに富んでいる金融商品ではないかと思います。
その分何を選んだらいいか分からなくて困る部分もあるかとは思いますが、投資信託には分類の仕方というのがあり、内容を理解しておくとその後商品を選択する際に基準となると思います。
ですので、以下に投資信託の分類方法をまとめてみましたので参考にしてみてください。
【設定地域】
どこの地域で設定されたファンドなのかで分類をします。
国内で設定されたものを「国内投資信託」、海外で設定されたものを「海外投資信託」と分類しています。
【リスクとリターン(RR)】
リスク(R)とリターン(R)を5段階で分類します。
・RR1は安定重視型に分類
・RR2は利回り追及型に分類
・RR3は値上がり益+RR2に分類
・RR4は値上がり益追及型に分類
・RR5は積極的なRR4に分類
【投資対象】
投資の対象によって分類しています。
株式を交えないで投資する
「公社債投資信託」
株式を交えて投資する
「株式投資信託」に分類されます。

【購入時期】
購入できる時期によって分類しています。
・単位型投資信託は購入できる期間というのが設定されていて、その期間中にのみ購入できる投資信託です。

・追加型投資信託は購入期間が終了しても購入することができる投資信託です。
まだ分類項目としてはあるかもしれませんが、主な投資信託の分類をご紹介してみました。

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 12:13 | Comment(0) | 投資信託の分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。