総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

追加型株式投資信託の分類

投資信託 資産運用
追加型株式投資信託の分類

追加型株式投資信託と言うのはファンドがたくさんもうけられていて、利用するニーズに合わせて設定されているようです。その利点としては選択肢が多いことだと思うのですが、欠点は選択肢が多すぎて何を選んだらいいか分からなくなるということかもしれません。
良くも悪くもファンドの多さというのがあるみたいです。

ファンドのタイプ別の分類を参考にしてみれば、選ぶ際にどういうものを選べばいいのかの示唆になると思いますので、参考にしてみてください。
投資信託の分類090108gif
投資信託の分類方法は各機関によって定義が違うらしいので、下記の機関の分類方法を説明してみたいと思います。

【投資信託協会】
・国内の株式を中心に投資するファンドで「国内株式型」と分類されます。

・海外の株式を中心に投資するファンドで「国際株式型」と分類されます。

・債権、株式をバランスよく投資するか、債権中心に投資するファンドを「バランス型」と分類されます。

・転換社債を中心として投資するファンドを「転換社債型」と分類されます。

・インデックスという指数と連動して運用しているファンドを「インデックス型」と分類しています。

・上記のインデックス型に、食品・工業など職種別のファンドに分けているものを「業種別インデックス型」と分類しています。

などのように分類されます。また、R&I(格付投資情報センター)の機関の分類法など、追加型株式投資信託の分類の方法はありますのでぜひ調べてみてはいかがでしょうか。




posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 08:59 | Comment(0) | 追加型株式投資信託の分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。