総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託を換金する場合

投資信託 資産運用
投資信託を換金する場合

投資信託を購入した場合ですが、基本的には中期?長期に渡って保有することが大切です。しかし、何らかの事情により途中で換金をしてしまうというケースは意外にも多いです。換金を申し込むときには、インターネット、窓口、電話などで申し込む方法が一般的ですが、各会社によって方法は異なるでしょうからその販売会社に確認をしておく必要があります。

ここで、位置情報投資信託の換金についてお話してみたいと思います。まず換金の申込方ですが、販売会社にファンドの換金の意思を申し込む。この時、位置情報ファンド名、口数、自分の銀行口座の情報をしっかり準備しておいた状態で申し込むようにしましょう。次に、解約されると申し込み時に指定した口座に解約金が入金されます。ここで注意して欲しいのは銀行ではないので解約したらすぐ入金される訳ではないということです。通常は申込から4営業日目に入金されるケースが多いです。

投資信託の換金方法についてですが、販売会社を通して一部のみを解約する方法の「解約請求」と販売会社にファンドを買い取ってもらう「買い取り請求」という二つの換金方法があります。どちらにしても、課税対象額に対して源泉徴収が徴収されます。現在は10%ですが、平成21年4月からは20%の徴収額になるそうです。
ただし、投資家が直接税務署に申告する必要な無いのでお間違えの無い様にしてください。

以上が投資信託を換金する場合の簡単な流れとなります。詳しくは各販売会社にお問い合わせして聞いてみてください。



PR:

プロのトレード技術を持った全自動ソフト【だれでもプロトレーダーくん】




☆あなたは、ただ見ているだけ!☆

現役プロトレーダーの手法をそのままソフトに・・・

プロのトレーダーが、

あなたに代わってトレードしてくれるのと同じです!!


本物の投資顧問会社が提供する

本物の日経225先物 自動売買ソフト



詳しくは、「だれでもプロトレーダーくん」をクリックしてください!!!




posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 08:13 | Comment(0) | 投資信託を換金する場合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。