総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

商品先物取引のデメリット

投資信託 資産運用
商品先物取引のデメリット

金融取引には、リスクは付きものです。100%利益が得られるのであれば、誰も苦労はしませんよね。
バブル崩壊前は実際、銀行に預けていれば100%何のリスクもなくお金が増えるという認識でいた方も多いでしょう。まさか銀行に倒産のリスクが訪れるとは夢にも思っていなかったはずです。
しかし、投資、金融取引というものには、絶対にこういったリスクがあるのです。
それは当然、商品先物取引にもあります。しかも、レバレッジによって多額の取引が可能という事は、跳ね返ってくる額も非常に大きいという事になります。
例えば、口座に数十万円しかないのに、数百万円の損失を被ってしまうリスクがあるのです。
当然そうなれば借金生活がスタートします。通常の取引であれば、元手がゼロになるリスクはあっても、マイナスになるリスクはありません。
この点は、商品先物取引の持つデメリットという事になるでしょう。
また、元本保証もありません。それが何を意味するかというと、投資した資金がゼロとなり、戻ってこない可能性があるという事です。
資金が価格変動により減少し、証拠金が不足した場合は、追加しなくてはならなくなるケースもあります。
こういったリスクもしっかり頭に入れた上で、商品先物取引は行う必要があります。特に、レバレッジのある取引は常にハイリスク・ハイリターンであるという事を頭に入れておかないと、取り返しのつかない事になりかねません。
最悪、口座にあるお金がなくなるだけ、と甘く考えていると、人生が狂う可能性だってあるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 09:19 | Comment(0) | 金融 証券 投資関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。