総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

原油

投資信託 資産運用 商品先物取引
原油

商品先物取引が大きな注目を集めている要因は、原油に代表されるエネルギーを取り扱っているからではないでしょうか。
というのも、近年世界の到る所でエネルギー問題が浮上しています。
日本でも2008年、ガソリン価格の高騰が大きな社会問題となりました。
それ以外にも、エコに対する取り組みなどが行われ、非常に高い関心を生んでいます。
よって、それらを取引の商品としている商品先物取引に、注目が集まっているのでしょう。
商品先物取引における原油は、金やガソリンと並び、中心的な存在と言えます。
何より世界各地で需要が高い為、多くの価格変動要因が存在しています。
まずは石油消費大国であるアメリカ、使用率が急激に伸びている中国の動向はかなり価格に影響を与えます。
基本的には世界情勢と比例する動きを見せますが、特にアメリカの影響は強く、リーマンショックによって大きな下落を見せました。
供給は当然ですが、石油輸出国機構(OPEC)が中心です。
この辺りの国が、近年非常に景気が良いですが、それに比例して原油の価値も上昇していました。
リーマンショックによって大きく落としましたが、今後は再び持ち直す可能性が高い商品と言えるでしょう。
エネルギーの世代交代が叫ばれる中、それでも原油の需要が途切れる事はありません。
日本ではほぼ全てを輸入に頼っている状況なので、日本国内の景気にはあまり影響されない商品と言えます。
そういう意味では、買いやすい商品かもしれません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 リーマンショックFX取引 用語 アメリカドルFX取引 用語 ニュージーランドドル

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 16:54 | Comment(0) | 金融 証券 投資関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。