総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

国債と資産運用

国債と資産運用
投資信託 to 資産運用

「個人向け国債」という言葉を聞いたことはありませんか?証券会社の商品としてとり扱われている個人向け国債。
資産運用を行っている人でこの方法をとっている方はいると思います。
個人向け国債とはもちろん個人に対するもので、日本が発行している債券のことをいいます。
個人向け国債は安全性が高いものとされているようですが、国の状況によっては確実な安全性を保てないといった危険性があるようですので注意が必要です。
資産運用を行うにあたっては聞きなれた言葉なので初心者でも簡単にできそうな気がしますよね。
個人向け国債は小額から始められます。
金融機関の商品紹介などを参考にすると非常にわかりやすいと思うのですが、一万円から可能というのが特徴です。
そしてどんな方でも始められるという嬉しいメリットがあります。
他にメリットとされる部分は自分のニーズに合わせてプランが選択できるということです。
プランというのは固定金利なのか、変動金利なのかといった2種類のプランから選択できるようになっています。
個人向け国債は満期があります。
固定金利と変動金利の満期は違います。
固定金利は満期が5年となっており、変動金利の満期は10年となっています。
色々な証券会社で変動金利ですとか固定金利といった言葉を聞きますよね。
お金を増やす手段として個人向け国債を選択するのは安全性が高いと言われているので良いかと思います。
安全性に加え、金利も非常に大事ですよね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 11:24 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。