総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

資産運用に金利は重要





momobgyoko.JPG

資産運用に金利は重要
投資信託と資産運用

安全性の高い資産運用の方法として個人向け国債があります。
資産運用をするにあたって重要視したいのは安全性に加え金利も非常に大事ですよね。
先ほど個人向け国債のプランは2種類あると紹介しましたよね。
2種類とは固定金利と変動金利の2種類のことです。
固定金利は満期が5年変動金利は満期が10年と両方に対して満期があります。
では固定金利とはなにか、気になりませんか?固定金利とは満期までの5年間は金利が変わらないというのが固定金利の特徴です。
逆に変動金利の方はといいますと、適用利率が変わります。
変わる期間は半年ごとです。
同時に利子も変動します。
固定金利の方は国の状況が悪くならない限りは固定のままということです。
変動金利の方は経済状況によって左右されます。
これが大きな違いと言えるでしょう。
一見比べて見ると変動金利の方がリスクが高いように感じますね。
リスクは少しだけ高いのかもしれませんが、その代わり基本金利は固定金利の方よりも変動金利の方が高く設定されています。途中解約は両方できるようになっていますが、これもやはり固定金利と変動金利ですと差があり、固定金利のほうは2年間の中途解約ができないようになっています。
それに対して変動金利の方は1年間といった固定金利よりも期間が短く設定されています。
いかがでしょうか?
少し個人向け国債についてわかっていただけましたでしょうか。
資産運用に個人向け国債を考えている方は、扱っているところは多いのでホームページで詳細を比べてみると良いですね。

日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》




お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:34 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。