総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

老後のために資産運用





momobgyoko.JPG

老後のために資産運用
投資信託と資産運用

老後のために資産を運用して利益を老後の資金にしようと考えている方が多いようです。
高齢化社会という言葉をよく耳にするようになってから、確かに町は高齢化が進んでいると感じることが増えたように思います。
スーパーに買い物に行ってもご年配の方をたくさん見かけますし、介護福祉施設も昔と比べて増えました。
ニュースを見ていても「年金問題」について取り上げられている事が非常に多いです。
今の若い世代は定年を過ぎて、年金がもらえるのかどうかわかりません。
そのような先細りの不安を抱えながらも年金は毎月払っています。
ですから、資産を運用しようとする方がいるのです。
メディアや実体験に基づいて、老後の不安を抱えている人は少なくないはずです。
では、老後に向けて何を具体的に行っていますか?老後貯金でしょうか?
福祉施設について勉強しているのでしょうか?やはり人間が生きていく上でお金は絶対に切り離せませんよね。
資産運用をする人の理由は老後のためという理由が多く、それに伴い資産運用を始めている人が今は非常に多いそうです。
今の贅沢や生活も大事だけど、自分の老後は自分でなんとかするしかない時代になってしまいました。
特に結婚している夫婦でも子供を産まない家庭が多いので、子供がいる家庭は子供と老後過ごすことができるかもしれませんが、いない家庭は自分で何とかするしかないのです。
老後貯金といっても貯められる金額には限度があります。
毎月コツコツ貯めたとしてもこの不況ではいつ、何が起こるかわかりません。
目先に対しての不安対策もしなければいけないので、たくさんお金があってもたりないくらいですよね。

【新生銀行の円定期】1年もの100万円以上の場合 年1.1%(税引前)


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 10:57 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。