総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

リスク管理と資産運用

松井証券ではじめるFx  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

リスク管理と資産運用
投資信託と資産運用

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用

  • 作者: 菅下 清廣
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2009/05/22
  • メディア: 単行本




資産運用について真剣に考えたとき、何を選ぶのかは自分のお金に対する知識や金額、今後のプランなどを参考にしながら資産運用の方法を選ぶかと思います。
初心者の方はリスクが少なく、その代わりリターンも少ない代表的な預金があります。
定期預金や財形貯蓄も含みます。
ですが、初心者ではなく、ある程度資産運用についての知識はもっていて、経験もあるという人は株や債権といった方法があります。株や債権はリスクが高いです。
その代わりリターンも高いですので、うまく行けば自分に返ってくる金額は大きいのでお得感は感じることが出来るかもしれませんね。ただ、初心者の方はハイリターンに引かれてリスクの高い運用方法は選ばないほうが良いでしょう。
万が一の失敗が後々にも影響してくるからです。
ハイリターンの方法は投資する金額も少ない金額ではすまないことが多く、損をしてしまうときは一変に損をしてしまうからです。
そうなるとそれが過去の悪い経験となってしまって、せっかくの資産を増やすことが出来なくなってしまいます。
それではもったいないので、やはり初心者の方はリターンが少なくてもリスクも少ないものを選ぶようにしましょう。
周りに投資などの経験者がいれば、実体験を聞くことができますので、そういった方からアドバイスをもらいながら資産運用についての勉強をしていくと失敗もしにくいでしょう。
もしまわりにいない場合は金融機関できちんとわかるまで説明を聞くことをお勧めします。

松井証券は、「伝統と革新の融合」に成功した新しいタイプの証券会社です。
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:39 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。