総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

投資信託と資産運用

次項有NEW マネーフェスタ2009 in TOKYO

資産運用「安定した継続収入を得るために」

2009年度版 図解 自分に最適な資産運用が一目でわかる本

2009年度版 図解 自分に最適な資産運用が一目でわかる本

  • 作者: SBIグループ
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


今の世の中は「100年に一度」と言われる世界的にも大変な不景気であります。大不況という理由から、個々でのお金の管理は多様化してきたように感じています。
銀行にお金を預けても利息もほんの少し、昔ほどつかなくなってしまいましたし、いつ金融機関も破綻してしまうかわからない世の中です。そのために自分の資産運用して安定した収入を得る。
資産運用の方法にはいろいろな種類があります。

人間が生きていくことにはお金は絶対に切り離せない存在です。ですのでお金は大切にしなければなりません。
私たちは義務教育でお金の大切さについて授業として習ったわけではありませんが、物心ついたころには自分でお金を扱い大なり小なりそこで資産を運用しています。
わたしたちは、死ぬまでずっとお金とはお付き合いしていかなければいけません。
だからこそ自分で知識を得て、いかに自分に合った資産運用をするかというのが非常に大事になってきます。
資産運用≫続きはこちら


投資信託と資産運用

みんなの投資 投資信託でゆっくり確実に資産をつくろう!

みんなの投資 投資信託でゆっくり確実に資産をつくろう!

  • 作者: 藤田 郁雄
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: 単行本


今や低金利時代とか言われていて人々の資産運用への関心は高まってきていると思います。
投資信託とは、その資産運用の方法の一つです。そのためか投資信託に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。
投資信託と言葉だけは知っていても実際にどういうものかご存知ないという方のために、投資信託というのは、投資家が投資したお金をひとつにまとめてそのお金を
運用のプロの人が債券や株式で運用をしています。その結果に応じて収益を投資家に分配するという金融商品になります。
収益の増減は運用次第と言うことになりますが、うまくいけばそれなりに配当は高く戻ってきますし、うまくいかなければ元本割れを起こす場合もあります。
投資信託≫続きはこちら

マネーフェスタ2009参加無料≫詳細はこちら身近な資産運用
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 07:41 | Comment(0) | 投資信託と資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。