総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

外貨取引と資産運用

投資信託

外貨取引と資産運用


資産運用の種類では投資信託であるMMFがあります。
MMFは資産運用を行うにあたってはリスクが少ないために安全性が高いと言われているものです。
しかし安全性が保障されているわけではなく、あくまでも安全性が高いように運営をしているということですので、そこは油断しないようにしながら資産運用しましょう。
MMFは運用会社によっては元本割れのリスクに差があるようです。
運用会社も失敗しないために慎重に選ばなくてはいけませんね。
MMFの種類でもう一つ、外貨MMFというのがあります。外貨建てMMFともいいますが、外貨で運用されています。
そしてMMFは海外の投資信託会社による運営となっています。
こちらも安全性は高いと言われています。
MMFのメリットとしては同じ外貨でも外貨預金より高金利というのがメリットの一つなのだそうです。
外貨MMFも証券会社の商品ですので、取り扱っている証券会社は多いです。
いつでも解約ができるようです。
では最初に言葉として登場した公社債投資信託とは何か理解できないとピンとこないですよね。
公社債投資信託というのは株式を組み入れていないということ。
そして安全性の高い公社債に運用するので安全性重視をするかわりにリターンは少ないということが言えるようです。
では公社債とは?といいますと、簡単に言えば国の補償がついた債権をさします。
株式を組み入れていないということはリスクが少ないので、これから始める初心者の方には良いのかもしれませんね。




posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 10:46 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用と外貨MMF

信用5,000円CP

資産運用と外貨MMF
投資信託と資産運用

人気の金融商品 外貨建てMMFでお金を増やせ―元本割れなし、いつでも換金可能

人気の金融商品 外貨建てMMFでお金を増やせ―元本割れなし、いつでも換金可能

  • 作者: 鈴田 孝史
  • 出版社/メーカー: 大和出版
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




資産運用の種類では投資信託であるMMFがあります。
MMFは資産運用を行うにあたってはリスクが少ないために安全性が高いと言われているものです。
しかし安全性が保障されているわけではなく、あくまでも安全性が高いように運営をしているということですので、そこは油断しないようにしましょう。

資産運用と外貨MMF≫続きを読んで見る
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 12:20 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用と定期預金(2)

資産運用と定期預金(2)
投資信託と資産運用

だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用

だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用

  • 作者: 佐瀬貴之
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: 単行本




資産運用と定期預金2≫続きを読んで見る
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 19:11 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネーフェスタ2009


株をはじめるならSBI証券で!
ネクシィーズ・トレードがサポートいたします。



7月12日開催 参加無料
マネーフェスタ2009 in TOKYO

・会場:東京・丸ビル/7F丸ビルホール
〜不況の今だからこそ、賢い資産運用を〜
産経新聞社では「マネーフェスタ2009 in TOKYO」を開催します。「賢い資産運用について考えよう」をテーマにして、より広く深く資産運用にまつわる提案を行ないます。
お申込はこちら▼
http://money-festa09.com/
締め切り:7月7日(火)
お問い合わせ:「マネーフェスタ」事務局
TEL 03−3798−5252l(平日10:00〜18:00)


■主催:産経新聞社
■共催:フジサンケイビジネスアイ
■協賛:商品さきもの知識普及委員会、損害保険ジャパン、東京金融取引所
■後援:生命保険協会、日本損害保険教会、日本証券業協会、東京証券取引所グループ、早稲田大学大学院ファイナンス研究科、サンケイリビング新聞社
■協力:三菱地所



posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:02 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近な資産運用

【パワーステップアップ預金】期間がのびると金利があがる 仕組預金 新生銀行


身近な資産運用
投資信託と資産運用

預金も投資

預金も投資

  • 作者: 長瀬 寛是
  • 出版社/メーカー: アチーブメント出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




資産運用の方法の一つとして預金があります。
預金は誰もが少なくとも経験していることだと思います。
昔に比べて金利は低いですが、一番簡単な資産運用としては預金が一番簡単でなじみのあるものでしょう。
株や投資などの難しいことから始めるには抵抗があるという人、資産運用なんてできるたくさんの資産すら持っていないという人には最初の段階での運用としては良いと思います。
今は不況ですよね。
ニュースを見ればどこの会社がリストラ何人された、倒産したなど、世の中もう何があるかわからない時代なのです。
定年まで働けるという保障もどこにもありませんし、大手企業だからといって油断できるような時代ではないのです。
ですが、この不況を逆に違う見方で考えるとどうでしょうか。
確かに不況は良い状況では決してありません。
路頭に迷う人がたくさんいる中で自分がどう生き抜くか、うまくお金と向き合っていくか、試されていると思うのです。
不況イコール悪いというようにどうしても気持ちが傾いてしまいますが、仕方ありません。
それは現実なのです。
ですが、違う見方で考えたとき、この不況はお金ときちんと向き合い、お金の知識をつけていかに状況を好転するか考えることができる時期なのではないでしょうか?なにも最初から大きなお金を動かすような難しいことをしようと考えを飛躍させることはないのです。
今はたくさんの預金が無ければ金利が少しでも高い金融機関でまずは定期預金から始めるという運用方法だって良いのです。


金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

  • 作者: ロバート キヨサキ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2002/03/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 06:22 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用で幸せに

中国株二季報  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

資産運用で幸せに
投資信託と資産運用

今こそ知りたい資産運用のセオリー

今こそ知りたい資産運用のセオリー

  • 作者: 竹中正治
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


資産運用についてたくさんの用語があることと、その方法について紹介してきました。
人間が生きていくことにはお金は絶対に切り離せない存在です。
ですのでお金は大切にしなければなりません。
私たちは義務教育でお金の大切さについて授業として習ったわけではありませんが、物心ついたころには自分でお金を扱っています。
そこから死ぬまでずっとお金とはお付き合いしていかなければいけません。
だからこそ自分で知識を得て、いかに自分に合った資産運用をするかというのが非常に大事になってきます。
それは年齢を重ねるごとに資産運用の大切さがわかってくると思います。
資産運用と一つの言葉でまとめると非常に難しくてわかりにくいイメージが払拭できないですが、資産運用といっても種類は様々です。
リスクの高い難しい運用方法もありますし、初心者でも少ない資金でできる運用方法もあります。
結論はそれをどう生かすかによって最終的には大きく変わってくるのだと思います。
ハイリターンを夢見てたくさんのお金を投資したはいいがこのご時世。
ハイリターンの夢が吉にでるのかそうでないのかは専門家ですらわからない場合があります。
ですが大きな見返りがあればそれは結果的によかったということになります。
賭け事のように運用するのではなく、目的をもって運用に望んだほうが先々の目安やプランが立てやすいのは言うまでもありません。
資産運用をうまく利用して幸せな暮らしをしましょう。



posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:04 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスク管理と資産運用

松井証券ではじめるFx  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

リスク管理と資産運用
投資信託と資産運用

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用

  • 作者: 菅下 清廣
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2009/05/22
  • メディア: 単行本




資産運用について真剣に考えたとき、何を選ぶのかは自分のお金に対する知識や金額、今後のプランなどを参考にしながら資産運用の方法を選ぶかと思います。
初心者の方はリスクが少なく、その代わりリターンも少ない代表的な預金があります。
定期預金や財形貯蓄も含みます。
ですが、初心者ではなく、ある程度資産運用についての知識はもっていて、経験もあるという人は株や債権といった方法があります。株や債権はリスクが高いです。
その代わりリターンも高いですので、うまく行けば自分に返ってくる金額は大きいのでお得感は感じることが出来るかもしれませんね。ただ、初心者の方はハイリターンに引かれてリスクの高い運用方法は選ばないほうが良いでしょう。
万が一の失敗が後々にも影響してくるからです。
ハイリターンの方法は投資する金額も少ない金額ではすまないことが多く、損をしてしまうときは一変に損をしてしまうからです。
そうなるとそれが過去の悪い経験となってしまって、せっかくの資産を増やすことが出来なくなってしまいます。
それではもったいないので、やはり初心者の方はリターンが少なくてもリスクも少ないものを選ぶようにしましょう。
周りに投資などの経験者がいれば、実体験を聞くことができますので、そういった方からアドバイスをもらいながら資産運用についての勉強をしていくと失敗もしにくいでしょう。
もしまわりにいない場合は金融機関できちんとわかるまで説明を聞くことをお勧めします。

松井証券は、「伝統と革新の融合」に成功した新しいタイプの証券会社です。
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:39 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

計画的な資産運用を

今話題の個人株投資家必見の注目情報!
ひまわり証券の日経225miniとは



テスト素材資料請求申込 Powered by A8.net

momobgyoko.JPG

計画的な資産運用を
投資信託 資産運用

一口に老後のために貯金をする、資産運用でお金を増やして貯めていくといっても具体的にいくらお金を貯めておけば良いかなんて想像ができませんよね。
自分たちが60歳を超えた時点で物価はどうなっているのか、社会状況がどうなっているのか、家族構成がどうなっているのかなどきちんと明確になっていれば別ですが、特に社会情勢など予測なんてできませんよね。
そうなるといくら貯めておけば良いかわからないので、資産運用の計画も立てにくいかもしれません。
ですがあまり神経質にならず、老後のための貯金は今の貯金と別枠にしてコツコツと貯めていけばよいでしょうし、簡単な方法としては今毎月どれくらいの収入があって、どれくらいの出費があるのか割りだしてみることです。
そして必要最低限の出費はいくらかかるのか把握しておくことです。
贅沢や娯楽は抜きにしてとりあえず必要最低限の出費金額を把握しておけば大体の目安がわかってくると思います。
毎月かかるお金は年金でまかなえるのか、まかなえない分は貯金から使うしかないのであれば必要な貯金額は大体どれくらいなのか、細かく考えずにおおまかに把握しておくと、気が楽でしょうし、老後のことばかり考えすぎて今を楽しく過ごせなくなってしまうなんて事がないので、簡単で良い方法化と思います。
年金がもらえるという保障はあるようでないというあいまいな状況ですが、高齢者が増えていくのは確実といえます。
その分自分がもらえる年金は少なくなっていく事は予測できますね。


だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用

だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用

  • 作者: 佐瀬貴之
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: 単行本



posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 14:24 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

為替レートと資産運用




低リスクのFXシステム自動売買ソフト、システムトレードFXで勝つ!

安心のすぐれたロジックで安心して運用していただけます


momobgyoko.JPG

為替レートと資産運用
投資信託と資産運用

資産運用についてあまり深く理解できていない、またはこれから始めるといった初心者の方には外貨での運用が良いそうです。外貨での資産運用は初心者でも比較的わかりやすいしくみになっていることが多く、リスクも少ない商品が多いからです。
円安やドル高が関係してくる為替レートの変動を利用した運用方法は先ほど紹介しましたよね。
例えば日本円での資産運用で初心者にもわかりやすく、リスクが少ないものとしては定期預金がありました。
定期預金ですと金利でしか得をすることができませんが、外貨での資産運用ですと、金利意外に為替レートの変動による利益も発生します。
そして、海外のほうが金利が高いので、日本円での運用よりも外貨での運用のほうがお得というわけです。
ただ、こういったメリットがある反面、デメリットな部分はあります。
それはどんなに詳しい専門家の人でも為替レートの動きを的確に予測することは非常に困難なことです。
為替レートの変動は周期が読み取りにくいため、短期間での変動もあれば、年単位の長期間変動しないということもあります。
ですので、非常にタイミングも重要視される運用方法だと言えるでしょう。
初心者にもやさしい、そしてリスクが少ない外貨での運用であっても、せっかく預けたお金が元本割れしてしまっては、全く意味がありませんよね。
外貨での運用は短期間に引き出すことを目的とせず、なるべく長期間のスパンを考えて預けたほうがよさそうですね。
為替レートの経済学

為替レートの経済学

  • 作者: ピーター アイザルド
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 12:39 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託





momobgyoko.JPG

投資信託
投資信託と資産運用

金融機関の商品で「投資信託」があります。
資産運用に注目されている現在は資産運用に出てくる用語から理解してもらうために、親切な金融機関はホームページに「投資信託とは」などと説明が書かれているところがあります。
そういった項目を参考にするだけでも、内容は非常に簡単ですが、わかりやすくまとめているのであまり意味がわからないという方は金融機関のホームページを見てみるとよいでしょう。
投資信託について先ほども簡単ではありますが説明しました。
投資信託を取り扱っているのは実は銀行よりも証券会社の方が多いのだそうです。
投資信託を行うのであれば証券会社に直接出向いて説明を聞くのもいいですが、今はインターネットでも簡単に買うことができるそうです。
ただし、証券会社のオンライン口座を持っていないと出来ないようですので、まずは証券会社のオンライン口座を開くことから始めましょう。
インターネットでの口座を持っていれば簡単に買うことができるのですが、反対にデメリット的な要素としては手数料が結構かかってしまうようです。
手数料とは販売手数料といって、MMFやMRFを購入するときはっかりませんが、その他は大体手数料がかかってしまうので、証券会社によってそのくらいの差があるのか、確認してから購入したほうがよさそうですね。
手数料自体は銀行と証券会社どちらが安いかというと、それは証券会社の方が安いそうなので、買うときは証券会社のほうがいいかもしれませんね。



エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


タグ:投資信託
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 16:00 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老後のために資産運用





momobgyoko.JPG

老後のために資産運用
投資信託と資産運用

老後のために資産を運用して利益を老後の資金にしようと考えている方が多いようです。
高齢化社会という言葉をよく耳にするようになってから、確かに町は高齢化が進んでいると感じることが増えたように思います。
スーパーに買い物に行ってもご年配の方をたくさん見かけますし、介護福祉施設も昔と比べて増えました。
ニュースを見ていても「年金問題」について取り上げられている事が非常に多いです。
今の若い世代は定年を過ぎて、年金がもらえるのかどうかわかりません。
そのような先細りの不安を抱えながらも年金は毎月払っています。
ですから、資産を運用しようとする方がいるのです。
メディアや実体験に基づいて、老後の不安を抱えている人は少なくないはずです。
では、老後に向けて何を具体的に行っていますか?老後貯金でしょうか?
福祉施設について勉強しているのでしょうか?やはり人間が生きていく上でお金は絶対に切り離せませんよね。
資産運用をする人の理由は老後のためという理由が多く、それに伴い資産運用を始めている人が今は非常に多いそうです。
今の贅沢や生活も大事だけど、自分の老後は自分でなんとかするしかない時代になってしまいました。
特に結婚している夫婦でも子供を産まない家庭が多いので、子供がいる家庭は子供と老後過ごすことができるかもしれませんが、いない家庭は自分で何とかするしかないのです。
老後貯金といっても貯められる金額には限度があります。
毎月コツコツ貯めたとしてもこの不況ではいつ、何が起こるかわかりません。
目先に対しての不安対策もしなければいけないので、たくさんお金があってもたりないくらいですよね。

【新生銀行の円定期】1年もの100万円以上の場合 年1.1%(税引前)


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 10:57 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託と資産運用

【新生銀行の円定期】5年もの100万円以上の場合 年1.7%(税引前)  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

資産運用とは
投資信託 資産運用

今の世の中は「100年に一度」と言われる世界的にも大変な不景気であります。
大不況という理由から、個々でのお金の管理は多様化してきたように感じています。
銀行にお金を預けても利息もほんの少し、昔ほどつかなくなってしまいましたし、いつ金融機関も破綻してしまうかわからない世の中です。
不況に関しての様々なことで不安がついてまわるようになってしまいました。
タンス貯金なんていう言葉も存在するようになりましたよね。
利息が良かった時代にはこんな言葉はなかったでしょう。
皆さんは今自分の資産がどれくらいあるのか把握し、今後その資産をどうするか、考えていますか?「資産なんてものはない」なんて思ってしまう方もいるかもしれません。
ですが、お金を持っている人もあまり資産がない人も、資産運用について真剣に考えておく必要はあると思います。
資産運用ときいて、すごく大きなお金を動かすようなイメージを持たれるかもしれませんね。
ですが、資産といっても資産運用の内訳は様々です。
マイホームを持っている方は家も資産に入りますし、もちろん預金、現金、株など。
どうでしょう?皆さんが持っている資産というのは少なくともこの中でいくつか該当しませんか?少なからずとも資産はほとんどの方は持っています。
銀行に行くと「資産運用相談窓口」というのがありますよね。
では自分が今持っている資産、それを運用する資産運用ってどういうことだろう?このような疑問があるかもしれません。
運用初心者の方やこれから資産運用について真剣に考えている方のために少しずついくつかの資産運用の方法について紹介していきたいと思います。

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

  • 作者: 中原 圭介
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2008/07/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





投資信託とは

投資信託と資産運用の関係について少し話しをしてみます。
資産運用の中で投資信託がありますが、投資信託
ってなんだろう?と聞いたことはあるけれど、資産運用とどう関係があるのかなど、わかりにくいですよね。
投資信託とはいわゆる金融商品でありますが、世の中にはたくさんの投資家がいます。
その投資家の方たちから集めたお金があります。
投資信託はそのお金をまとめて運用の専門家が国内や海外の株式に投資をします。
当然ながら利益が上がれば分配されますので運用の専門家にかかってくるということですし、投資をする人たちは運用のプロを信じて投資するということなのである種の信頼関係の中で行われるシステムなのでしょうね。
投資信託はたくさんの人からお金を集めるというやりかたですので、個人で行う株などと比べて少ない資金でできるというのが嬉しいメリットのようです。
少ない資金といっても何十万単位ではなく、一万円くらいから参加ができるそうです。
一万円でしたら働いていればそれくらいのお金は自由に使えますし、自由に使うのであれば投資信託に回してもいいと思える位の金額といえるでしょう。
投資先の選択はもちろん専門家が行うのでそこも安心の材料となりますし、安全性が高いといわれていますので、油断はできませんが初心者の方で低資金の方にとっては好都合だと思います。
これがわかってくれば他の運用方法も知りたくなることでしょうし、利益が分配されれば投資に対しての楽しさというのも出てくることでしょう。

投資信託≫続きの記事を読む
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 06:04 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用に金利は重要





momobgyoko.JPG

資産運用に金利は重要
投資信託と資産運用

安全性の高い資産運用の方法として個人向け国債があります。
資産運用をするにあたって重要視したいのは安全性に加え金利も非常に大事ですよね。
先ほど個人向け国債のプランは2種類あると紹介しましたよね。
2種類とは固定金利と変動金利の2種類のことです。
固定金利は満期が5年変動金利は満期が10年と両方に対して満期があります。
では固定金利とはなにか、気になりませんか?固定金利とは満期までの5年間は金利が変わらないというのが固定金利の特徴です。
逆に変動金利の方はといいますと、適用利率が変わります。
変わる期間は半年ごとです。
同時に利子も変動します。
固定金利の方は国の状況が悪くならない限りは固定のままということです。
変動金利の方は経済状況によって左右されます。
これが大きな違いと言えるでしょう。
一見比べて見ると変動金利の方がリスクが高いように感じますね。
リスクは少しだけ高いのかもしれませんが、その代わり基本金利は固定金利の方よりも変動金利の方が高く設定されています。途中解約は両方できるようになっていますが、これもやはり固定金利と変動金利ですと差があり、固定金利のほうは2年間の中途解約ができないようになっています。
それに対して変動金利の方は1年間といった固定金利よりも期間が短く設定されています。
いかがでしょうか?
少し個人向け国債についてわかっていただけましたでしょうか。
資産運用に個人向け国債を考えている方は、扱っているところは多いのでホームページで詳細を比べてみると良いですね。

日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》




お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:34 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国債と資産運用

国債と資産運用
投資信託 to 資産運用

「個人向け国債」という言葉を聞いたことはありませんか?証券会社の商品としてとり扱われている個人向け国債。
資産運用を行っている人でこの方法をとっている方はいると思います。
個人向け国債とはもちろん個人に対するもので、日本が発行している債券のことをいいます。
個人向け国債は安全性が高いものとされているようですが、国の状況によっては確実な安全性を保てないといった危険性があるようですので注意が必要です。
資産運用を行うにあたっては聞きなれた言葉なので初心者でも簡単にできそうな気がしますよね。
個人向け国債は小額から始められます。
金融機関の商品紹介などを参考にすると非常にわかりやすいと思うのですが、一万円から可能というのが特徴です。
そしてどんな方でも始められるという嬉しいメリットがあります。
他にメリットとされる部分は自分のニーズに合わせてプランが選択できるということです。
プランというのは固定金利なのか、変動金利なのかといった2種類のプランから選択できるようになっています。
個人向け国債は満期があります。
固定金利と変動金利の満期は違います。
固定金利は満期が5年となっており、変動金利の満期は10年となっています。
色々な証券会社で変動金利ですとか固定金利といった言葉を聞きますよね。
お金を増やす手段として個人向け国債を選択するのは安全性が高いと言われているので良いかと思います。
安全性に加え、金利も非常に大事ですよね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 11:24 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託と資産運用

投資信託と資産運用


投資信託と資産運用の関係について少し話しをしてみます。
資産運用の中で投資信託がありますが、投資信託ってなんだろう?と聞いたことはあるけれど、資産運用とどう関係があるのかなど、わかりにくいですよね。
投資信託とはいわゆる金融商品でありますが、世の中にはたくさんの投資家がいます。
その投資家の方たちから集めたお金があります。
投資信託はそのお金をまとめて運用の専門家が国内や海外の株式に投資をします。
当然ながら利益が上がれば分配されますので運用の専門家にかかってくるということですし、投資をする人たちは運用のプロを信じて投資するということなのである種の信頼関係の中で行われるシステムなのでしょうね。
投資信託はたくさんの人からお金を集めるというやりかたですので、個人で行う株などと比べて少ない資金でできるというのが嬉しいメリットのようです。
少ない資金といっても何十万単位ではなく、一万円くらいから参加ができるそうです。
一万円でしたら働いていればそれくらいのお金は自由に使えますし、自由に使うのであれば投資信託に回してもいいと思える位の金額といえるでしょう。
投資先の選択はもちろん専門家が行うのでそこも安心の材料となりますし、安全性が高いといわれていますので、油断はできませんが初心者の方で低資金の方にとっては好都合だと思います。
これがわかってくれば他の運用方法も知りたくなることでしょうし、利益が分配されれば投資に対しての楽しさというのも出てくることでしょう。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 21:43 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用【始めの第一歩】

資産運用【始めの第一歩】
投資信託 資産運用

資産運用をするにはまずどうしたらよいのか・・。初めてのことだしわからない。
だけれどもこのまま金利の低い銀行に預けておくのも昔のように殖えないのはわかっている。
流行っている株は変動があって怖いので知識のない自分には手を出せない・・こんな悩みを抱えて悶々としているのでは一向にお金は貯まっていきませんよね。
誰しも資産運用を始めるときはわからないことだらけで、知識や経験の無さからくる不安があったはずです。
ですが、きちんと自分に見合ったマネープランを立てている人は確実にお金を殖やしているといいます。
そこで、まずは資産運用を始めるにあたって、投資するお金が必要になってきます。
預金がない、ということでは資産運用もなにもありません。ある程度の預金があってこそ、資産運用の始まりの第一歩となるのです。
ですので預金が人には言えないくらい少ないですとか、預金が全くないという人はすぐに資産運用のことを考えるのではなく、まずはお金を貯める事に集中してみましょう。
預金額の目標は特に目安はありませんが、10万や20万の話ではなく、100万単位の預金を貯めていくことですね。
100万を貯めるのは今の不況のなかでは実に大変だと思います。
簡単に貯まる金額ではないですよね。
ですが、塵も積もれば山となる。
いつまでにいくら貯めるという目標設定を小刻みにし、一つの金額目標が達成したら次の目標に向けて頑張るということを繰り返すといつの間にか100万円はたまっていることでしょう。
無駄遣いしないように気をつけましょうね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 14:10 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用とは

投資信託 資産運用
資産運用とは


今の世の中は大変不景気であります。
不況という理由から、個々でのお金の管理は多様化してきたように感じます。
銀行にお金を預けても利息も昔ほどつかなくなってしまいましたし、いつ金融も破綻してしまうかわからない世の中。
不況に関しての様々なことで不安がついてまわるようになってしまいました。
タンス貯金なんていう言葉も存在するようになりましたよね。
利息が良かった時代にはこんな言葉はなかったでしょう。
皆さんは今自分の資産がどれくらいあるのか把握し、今後その資産をどうするか、考えていますか?「資産なんてものはない」なんて思ってしまう方もいるかもしれません。
ですが、お金を持っている人もあまり資産がない人も、資産運用について真剣に考えておく必要はあると思います。
資産運用ときいて、すごく大きなお金を動かすようなイメージを持たれるかもしれませんね。
ですが、資産といっても内訳は様々。
マイホームを持っている方は家も資産に入りますし、もちろん預金、現金、株など。
どうでしょう?皆さんが持っている資産というのは少なくともこの中でいくつか該当しませんか?少なからずとも資産はほとんどの方は持っています。
銀行に行くと「資産運用相談窓口」というのがありますよね。
では自分が今持っている資産、それを運用するってどういうことだろう?このような疑問があるかもしれません。
初心者の方やこれから資産運用について考えているかたのために少しずつ紹介していきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:20 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大切な資産を運用するのに最適なのはなに?】


サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

  • 作者: 中原 圭介
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2008/07/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



【10年後に差がつく資産運用とは?】
 │
 ├ 資産運用とは
 ├ 資産運用を始める前に
 ├ 始めの一歩
 ├ 身近な資産運用
 ├ 定期預金1
     └ 定期預金2
 ├ MMFとは
     └ 外貨MMF
 ├ 投資信託
     └ 投資信託(2)
 ├ 失敗しない資産運用
 ├ 外貨取引
 ├ 資産運用は慎重に
 ├ 国債と資産運用
 ├ 金利は重要
 ├ 安全性
 ├ 為替レート
     └ 為替レートの動き
 ├ 株と資産運用
 ├ ウォーミングアップ
 ├ ミニ株と資産運用
 ├ 老後のために資産運用
 ├ 真剣に資産運用を考える
 ├ 計画的な運用を
 ├ 負債と資産運用
     └ リスクと資産運用
 ├ 個人年金
     └ 個人年金での運用
 ├ 退職金を運用する
 └ 資産運用で幸せに

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。