総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

失敗しない資産運用

【パワーステップアップ預金】期間がのびると金利があがる 仕組預金 新生銀行

失敗しない資産運用
投資信託 資産運用

資産運用の初心者が始めに何を行えば良いか。
まずはじめに自分が資産運用を行っていくための資金がどのくらいあるのかを再認識してみましょう。

失敗しない資産運用≫続きを読んで見る
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 14:24 | Comment(0) | 投資信託と資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託と資産運用

次項有NEW マネーフェスタ2009 in TOKYO

資産運用「安定した継続収入を得るために」

2009年度版 図解 自分に最適な資産運用が一目でわかる本

2009年度版 図解 自分に最適な資産運用が一目でわかる本

  • 作者: SBIグループ
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


今の世の中は「100年に一度」と言われる世界的にも大変な不景気であります。大不況という理由から、個々でのお金の管理は多様化してきたように感じています。
銀行にお金を預けても利息もほんの少し、昔ほどつかなくなってしまいましたし、いつ金融機関も破綻してしまうかわからない世の中です。そのために自分の資産運用して安定した収入を得る。
資産運用の方法にはいろいろな種類があります。

人間が生きていくことにはお金は絶対に切り離せない存在です。ですのでお金は大切にしなければなりません。
私たちは義務教育でお金の大切さについて授業として習ったわけではありませんが、物心ついたころには自分でお金を扱い大なり小なりそこで資産を運用しています。
わたしたちは、死ぬまでずっとお金とはお付き合いしていかなければいけません。
だからこそ自分で知識を得て、いかに自分に合った資産運用をするかというのが非常に大事になってきます。
資産運用≫続きはこちら


投資信託と資産運用

みんなの投資 投資信託でゆっくり確実に資産をつくろう!

みんなの投資 投資信託でゆっくり確実に資産をつくろう!

  • 作者: 藤田 郁雄
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: 単行本


今や低金利時代とか言われていて人々の資産運用への関心は高まってきていると思います。
投資信託とは、その資産運用の方法の一つです。そのためか投資信託に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。
投資信託と言葉だけは知っていても実際にどういうものかご存知ないという方のために、投資信託というのは、投資家が投資したお金をひとつにまとめてそのお金を
運用のプロの人が債券や株式で運用をしています。その結果に応じて収益を投資家に分配するという金融商品になります。
収益の増減は運用次第と言うことになりますが、うまくいけばそれなりに配当は高く戻ってきますし、うまくいかなければ元本割れを起こす場合もあります。
投資信託≫続きはこちら

マネーフェスタ2009参加無料≫詳細はこちら資産運用≫続きはこちら
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 07:41 | Comment(0) | 投資信託と資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用と定期預金(1)

FX系ノウハウの中でダントツに簡単なノウハウ


資産運用と定期預金(1)
投資信託と資産運用

私たちになじみのある資産運用の初歩としては預金があります。
預金といっても単純にお金を長い期間下ろさずに普通預金で預けておくということもありますが、金融機関の商品には必ず資産運用についての商品があります。
その中で定期預金という種類があります。
定期預金はみなさんご存知であり、すでに実行している方はたくさんいると思います。
定期預金とは、一定の金額を毎月銀行に預け、それに対し利息がつくというもの。
預けられる最低金額は各金融機関によって違いますが、大体1万円から定期預金ができます。
そして簡単におろせないというのが普通預金との違いです。
急な出費に銀行でおろしてしまおう、なんて事はできません。
もし定期預金からお金を下ろすのであれば満期解約などの予約をしてから決まった日付に下ろすという方法しかありません。ですので、給料から何万も定期預金に入れてしまってはいざというときに不安だという方は一万円くらいから初めてみて、様子をみて増やしていけばよいのです。
毎月1万円定期預金をしても一年で12万。
12万あれば旅行にも行けますし、なにかその金額の中で欲しかったものも買えますよね?いざというときのお金と別に考えて定期預金を行うことが大事です。
でないとその都度満期解約をしていては資産運用もなにもあまり意味のないものになってしまうからです。
そこはきちんと分けて考えたほうが良いでしょう。
一口に定期預金といっても金融機関によって種類があります。
自分に合った種類を選びましょう。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

  • 作者: 勝間 和代
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2007/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 09:08 | Comment(0) | 投資信託と資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用を始める前に

【パワーステップアップ預金】期間がのびると金利があがる 仕組預金 新生銀行
 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

資産運用を始める前に
投資信託 資産運用

投資信託にだまされるな! Q&A―投信の疑問・解決編

投資信託にだまされるな! Q&A―投信の疑問・解決編

  • 作者: 竹川 美奈子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/12/07
  • メディア: 単行本


資産運用といってもピンとこない、そんな大金持っていないから関係ないなど、資産運用についてあまり知らないがために興味がない方もいるかもしれません。
ですが、老後に向けてこの不況で不自由ない生活を送るための預金をするというのはよほどの金銭管理ができていないと大変で、時間が相当かかることだと思います。
そこで資産運用を真剣に考えて見ることなのですが、ではそうは言っても具体的に何をすればよいのか?皆さんはここで引っかかることが多いのだと思います。
老後のためにお金は増やしたい。
でも預金意外に何をしたら良いか具体的にわからない。
ということですよね。まずは何かをするということの前に自分が今いくらくらいの資産を持っているのか把握をすること。
これをわかっていないと始まらないです。
把握ができたらいつまでにその資産をどのくらいの金額まで増やしたいか。
これも大まかと言うよりも具体的に考えたほうがよいでしょうね。
次はその資産をどういった形で運営していきたいかということです。
この3つを頭の中でイメージして計画を立てれば資産運用の始まりです。
今は元出が少なくてもいいのです。
確実に増やすことができれば資産運用はまず成功、ということなのですから。
自分のために、はたまた今後未来を背負っていく子供たちのためにお金を残しておきたいなど、人によって理由はたくさんあると思いますが、残念ながらきれい事は通用しなく、世の中お金なのです。
お金が物を言うというのは本当だと思います。


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 12:53 | Comment(0) | 投資信託と資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。