総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

「MMF」とは

資産運用
「MMF」とは

ファンドマネージャーが教える投資信託の運用法―MMFから401(k)まで

資産運用について皆さんは銀行などで相談したことはありますか?預金意外の資産運用ってなんだろう、と思いますよね。
そしてなんだか難しそうというイメージはどうしてもあるようです。
資産運用に関することで登場する用語として「MMF」というのがあります。
MMFとは略語になっているのですが、正しくは「マネー・マネジメント・ファンド」というのですが、どういうものかといいますと投資信託です。
証券会社などで取り扱っています。
元本の保証はありません。
ですが、元本割れはほとんどないと言われていますので、投資信託の中でも安全性は高いと言えるでしょう。
MMFは自己責任で行うので運用後の結果は自分次第というところはあります。
元本が必ず割れないとも断言できるものではありませんので、気をつけましょう。
他には満期がないというのが特徴のようです。
そして小額から運用することができます。
通常の私たちがよく利用している金融機関の定期預金ですと満期がありますよね。
定期預金を途中解約すると手数料が取られてしまいますが、満期解約ですと手数料は取られません。
ですが、満期解約までに待たなくてはいけません。
MMFの場合は翌日から解約が可能ということがメリットのようです。
為替レートの様子によってすぐに対応できるようになっているのでしょうね。
ただし翌日からの解約ができても解約手数料が発生してしまう期間がありますので、MMFを行う際には長い目で見て行うということが大事なようです。


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 11:09 | Comment(0) | 「MMF」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用と定期預金(2)

資産運用と定期預金(2)
投資信託と資産運用

だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用

だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用

  • 作者: 佐瀬貴之
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: 単行本




資産運用と定期預金2≫続きを読んで見る
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 19:11 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用と定期預金(1)

FX系ノウハウの中でダントツに簡単なノウハウ


資産運用と定期預金(1)
投資信託と資産運用

私たちになじみのある資産運用の初歩としては預金があります。
預金といっても単純にお金を長い期間下ろさずに普通預金で預けておくということもありますが、金融機関の商品には必ず資産運用についての商品があります。
その中で定期預金という種類があります。
定期預金はみなさんご存知であり、すでに実行している方はたくさんいると思います。
定期預金とは、一定の金額を毎月銀行に預け、それに対し利息がつくというもの。
預けられる最低金額は各金融機関によって違いますが、大体1万円から定期預金ができます。
そして簡単におろせないというのが普通預金との違いです。
急な出費に銀行でおろしてしまおう、なんて事はできません。
もし定期預金からお金を下ろすのであれば満期解約などの予約をしてから決まった日付に下ろすという方法しかありません。ですので、給料から何万も定期預金に入れてしまってはいざというときに不安だという方は一万円くらいから初めてみて、様子をみて増やしていけばよいのです。
毎月1万円定期預金をしても一年で12万。
12万あれば旅行にも行けますし、なにかその金額の中で欲しかったものも買えますよね?いざというときのお金と別に考えて定期預金を行うことが大事です。
でないとその都度満期解約をしていては資産運用もなにもあまり意味のないものになってしまうからです。
そこはきちんと分けて考えたほうが良いでしょう。
一口に定期預金といっても金融機関によって種類があります。
自分に合った種類を選びましょう。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

  • 作者: 勝間 和代
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2007/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 09:08 | Comment(0) | 投資信託と資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネーフェスタ2009


株をはじめるならSBI証券で!
ネクシィーズ・トレードがサポートいたします。



7月12日開催 参加無料
マネーフェスタ2009 in TOKYO

・会場:東京・丸ビル/7F丸ビルホール
〜不況の今だからこそ、賢い資産運用を〜
産経新聞社では「マネーフェスタ2009 in TOKYO」を開催します。「賢い資産運用について考えよう」をテーマにして、より広く深く資産運用にまつわる提案を行ないます。
お申込はこちら▼
http://money-festa09.com/
締め切り:7月7日(火)
お問い合わせ:「マネーフェスタ」事務局
TEL 03−3798−5252l(平日10:00〜18:00)


■主催:産経新聞社
■共催:フジサンケイビジネスアイ
■協賛:商品さきもの知識普及委員会、損害保険ジャパン、東京金融取引所
■後援:生命保険協会、日本損害保険教会、日本証券業協会、東京証券取引所グループ、早稲田大学大学院ファイナンス研究科、サンケイリビング新聞社
■協力:三菱地所



posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:02 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近な資産運用

【パワーステップアップ預金】期間がのびると金利があがる 仕組預金 新生銀行


身近な資産運用
投資信託と資産運用

預金も投資

預金も投資

  • 作者: 長瀬 寛是
  • 出版社/メーカー: アチーブメント出版
  • 発売日: 2008/06/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




資産運用の方法の一つとして預金があります。
預金は誰もが少なくとも経験していることだと思います。
昔に比べて金利は低いですが、一番簡単な資産運用としては預金が一番簡単でなじみのあるものでしょう。
株や投資などの難しいことから始めるには抵抗があるという人、資産運用なんてできるたくさんの資産すら持っていないという人には最初の段階での運用としては良いと思います。
今は不況ですよね。
ニュースを見ればどこの会社がリストラ何人された、倒産したなど、世の中もう何があるかわからない時代なのです。
定年まで働けるという保障もどこにもありませんし、大手企業だからといって油断できるような時代ではないのです。
ですが、この不況を逆に違う見方で考えるとどうでしょうか。
確かに不況は良い状況では決してありません。
路頭に迷う人がたくさんいる中で自分がどう生き抜くか、うまくお金と向き合っていくか、試されていると思うのです。
不況イコール悪いというようにどうしても気持ちが傾いてしまいますが、仕方ありません。
それは現実なのです。
ですが、違う見方で考えたとき、この不況はお金ときちんと向き合い、お金の知識をつけていかに状況を好転するか考えることができる時期なのではないでしょうか?なにも最初から大きなお金を動かすような難しいことをしようと考えを飛躍させることはないのです。
今はたくさんの預金が無ければ金利が少しでも高い金融機関でまずは定期預金から始めるという運用方法だって良いのです。


金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

  • 作者: ロバート キヨサキ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2002/03/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 06:22 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。