総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事外国為替証拠金取引

為替レートと資産運用




低リスクのFXシステム自動売買ソフト、システムトレードFXで勝つ!

安心のすぐれたロジックで安心して運用していただけます


momobgyoko.JPG

為替レートと資産運用
投資信託と資産運用

資産運用についてあまり深く理解できていない、またはこれから始めるといった初心者の方には外貨での運用が良いそうです。外貨での資産運用は初心者でも比較的わかりやすいしくみになっていることが多く、リスクも少ない商品が多いからです。
円安やドル高が関係してくる為替レートの変動を利用した運用方法は先ほど紹介しましたよね。
例えば日本円での資産運用で初心者にもわかりやすく、リスクが少ないものとしては定期預金がありました。
定期預金ですと金利でしか得をすることができませんが、外貨での資産運用ですと、金利意外に為替レートの変動による利益も発生します。
そして、海外のほうが金利が高いので、日本円での運用よりも外貨での運用のほうがお得というわけです。
ただ、こういったメリットがある反面、デメリットな部分はあります。
それはどんなに詳しい専門家の人でも為替レートの動きを的確に予測することは非常に困難なことです。
為替レートの変動は周期が読み取りにくいため、短期間での変動もあれば、年単位の長期間変動しないということもあります。
ですので、非常にタイミングも重要視される運用方法だと言えるでしょう。
初心者にもやさしい、そしてリスクが少ない外貨での運用であっても、せっかく預けたお金が元本割れしてしまっては、全く意味がありませんよね。
外貨での運用は短期間に引き出すことを目的とせず、なるべく長期間のスパンを考えて預けたほうがよさそうですね。
為替レートの経済学

為替レートの経済学

  • 作者: ピーター アイザルド
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 12:39 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託





momobgyoko.JPG

投資信託
投資信託と資産運用

金融機関の商品で「投資信託」があります。
資産運用に注目されている現在は資産運用に出てくる用語から理解してもらうために、親切な金融機関はホームページに「投資信託とは」などと説明が書かれているところがあります。
そういった項目を参考にするだけでも、内容は非常に簡単ですが、わかりやすくまとめているのであまり意味がわからないという方は金融機関のホームページを見てみるとよいでしょう。
投資信託について先ほども簡単ではありますが説明しました。
投資信託を取り扱っているのは実は銀行よりも証券会社の方が多いのだそうです。
投資信託を行うのであれば証券会社に直接出向いて説明を聞くのもいいですが、今はインターネットでも簡単に買うことができるそうです。
ただし、証券会社のオンライン口座を持っていないと出来ないようですので、まずは証券会社のオンライン口座を開くことから始めましょう。
インターネットでの口座を持っていれば簡単に買うことができるのですが、反対にデメリット的な要素としては手数料が結構かかってしまうようです。
手数料とは販売手数料といって、MMFやMRFを購入するときはっかりませんが、その他は大体手数料がかかってしまうので、証券会社によってそのくらいの差があるのか、確認してから購入したほうがよさそうですね。
手数料自体は銀行と証券会社どちらが安いかというと、それは証券会社の方が安いそうなので、買うときは証券会社のほうがいいかもしれませんね。



エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


タグ:投資信託
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 16:00 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老後のために資産運用





momobgyoko.JPG

老後のために資産運用
投資信託と資産運用

老後のために資産を運用して利益を老後の資金にしようと考えている方が多いようです。
高齢化社会という言葉をよく耳にするようになってから、確かに町は高齢化が進んでいると感じることが増えたように思います。
スーパーに買い物に行ってもご年配の方をたくさん見かけますし、介護福祉施設も昔と比べて増えました。
ニュースを見ていても「年金問題」について取り上げられている事が非常に多いです。
今の若い世代は定年を過ぎて、年金がもらえるのかどうかわかりません。
そのような先細りの不安を抱えながらも年金は毎月払っています。
ですから、資産を運用しようとする方がいるのです。
メディアや実体験に基づいて、老後の不安を抱えている人は少なくないはずです。
では、老後に向けて何を具体的に行っていますか?老後貯金でしょうか?
福祉施設について勉強しているのでしょうか?やはり人間が生きていく上でお金は絶対に切り離せませんよね。
資産運用をする人の理由は老後のためという理由が多く、それに伴い資産運用を始めている人が今は非常に多いそうです。
今の贅沢や生活も大事だけど、自分の老後は自分でなんとかするしかない時代になってしまいました。
特に結婚している夫婦でも子供を産まない家庭が多いので、子供がいる家庭は子供と老後過ごすことができるかもしれませんが、いない家庭は自分で何とかするしかないのです。
老後貯金といっても貯められる金額には限度があります。
毎月コツコツ貯めたとしてもこの不況ではいつ、何が起こるかわかりません。
目先に対しての不安対策もしなければいけないので、たくさんお金があってもたりないくらいですよね。

【新生銀行の円定期】1年もの100万円以上の場合 年1.1%(税引前)


posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 10:57 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託と資産運用

【新生銀行の円定期】5年もの100万円以上の場合 年1.7%(税引前)  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

資産運用とは
投資信託 資産運用

今の世の中は「100年に一度」と言われる世界的にも大変な不景気であります。
大不況という理由から、個々でのお金の管理は多様化してきたように感じています。
銀行にお金を預けても利息もほんの少し、昔ほどつかなくなってしまいましたし、いつ金融機関も破綻してしまうかわからない世の中です。
不況に関しての様々なことで不安がついてまわるようになってしまいました。
タンス貯金なんていう言葉も存在するようになりましたよね。
利息が良かった時代にはこんな言葉はなかったでしょう。
皆さんは今自分の資産がどれくらいあるのか把握し、今後その資産をどうするか、考えていますか?「資産なんてものはない」なんて思ってしまう方もいるかもしれません。
ですが、お金を持っている人もあまり資産がない人も、資産運用について真剣に考えておく必要はあると思います。
資産運用ときいて、すごく大きなお金を動かすようなイメージを持たれるかもしれませんね。
ですが、資産といっても資産運用の内訳は様々です。
マイホームを持っている方は家も資産に入りますし、もちろん預金、現金、株など。
どうでしょう?皆さんが持っている資産というのは少なくともこの中でいくつか該当しませんか?少なからずとも資産はほとんどの方は持っています。
銀行に行くと「資産運用相談窓口」というのがありますよね。
では自分が今持っている資産、それを運用する資産運用ってどういうことだろう?このような疑問があるかもしれません。
運用初心者の方やこれから資産運用について真剣に考えている方のために少しずついくつかの資産運用の方法について紹介していきたいと思います。

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

  • 作者: 中原 圭介
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2008/07/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





投資信託とは

投資信託と資産運用の関係について少し話しをしてみます。
資産運用の中で投資信託がありますが、投資信託
ってなんだろう?と聞いたことはあるけれど、資産運用とどう関係があるのかなど、わかりにくいですよね。
投資信託とはいわゆる金融商品でありますが、世の中にはたくさんの投資家がいます。
その投資家の方たちから集めたお金があります。
投資信託はそのお金をまとめて運用の専門家が国内や海外の株式に投資をします。
当然ながら利益が上がれば分配されますので運用の専門家にかかってくるということですし、投資をする人たちは運用のプロを信じて投資するということなのである種の信頼関係の中で行われるシステムなのでしょうね。
投資信託はたくさんの人からお金を集めるというやりかたですので、個人で行う株などと比べて少ない資金でできるというのが嬉しいメリットのようです。
少ない資金といっても何十万単位ではなく、一万円くらいから参加ができるそうです。
一万円でしたら働いていればそれくらいのお金は自由に使えますし、自由に使うのであれば投資信託に回してもいいと思える位の金額といえるでしょう。
投資先の選択はもちろん専門家が行うのでそこも安心の材料となりますし、安全性が高いといわれていますので、油断はできませんが初心者の方で低資金の方にとっては好都合だと思います。
これがわかってくれば他の運用方法も知りたくなることでしょうし、利益が分配されれば投資に対しての楽しさというのも出てくることでしょう。

投資信託≫続きの記事を読む
posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 06:04 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用に金利は重要





momobgyoko.JPG

資産運用に金利は重要
投資信託と資産運用

安全性の高い資産運用の方法として個人向け国債があります。
資産運用をするにあたって重要視したいのは安全性に加え金利も非常に大事ですよね。
先ほど個人向け国債のプランは2種類あると紹介しましたよね。
2種類とは固定金利と変動金利の2種類のことです。
固定金利は満期が5年変動金利は満期が10年と両方に対して満期があります。
では固定金利とはなにか、気になりませんか?固定金利とは満期までの5年間は金利が変わらないというのが固定金利の特徴です。
逆に変動金利の方はといいますと、適用利率が変わります。
変わる期間は半年ごとです。
同時に利子も変動します。
固定金利の方は国の状況が悪くならない限りは固定のままということです。
変動金利の方は経済状況によって左右されます。
これが大きな違いと言えるでしょう。
一見比べて見ると変動金利の方がリスクが高いように感じますね。
リスクは少しだけ高いのかもしれませんが、その代わり基本金利は固定金利の方よりも変動金利の方が高く設定されています。途中解約は両方できるようになっていますが、これもやはり固定金利と変動金利ですと差があり、固定金利のほうは2年間の中途解約ができないようになっています。
それに対して変動金利の方は1年間といった固定金利よりも期間が短く設定されています。
いかがでしょうか?
少し個人向け国債についてわかっていただけましたでしょうか。
資産運用に個人向け国債を考えている方は、扱っているところは多いのでホームページで詳細を比べてみると良いですね。

日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》




お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 投資信託 資産運用 記録の細道 at 05:34 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。